投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月13日(木)23時46分10秒
  専修大新入部員(○はリストにある選手)
【投手】○大橋修人(日本航空石川)、○菊地吏玖(札幌大谷)、○向井龍介(八戸工大一)、向井蓮(金沢)
【捕手】○石川雅晴(坂井)、荒川亮太(須磨翔風)、○新出篤史(函館大有斗)、夏目大(常葉大橘)
【内野手】○大上翔也(乙訓)、小倉太郎(小諸商)、○今里凌(専大松戸)、○南保良太郎(星稜)
【外野手】椿原塁(延岡学園)、北原拓未(松商学園)、○河内恭英(広島新庄)
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181213/unv18121318270004-n1.html


今日の寸評も福井特集の続きです。


嶋田 勘人(坂井)投手 167・64 右・右 3年

知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、軸足に軽く絡めてからショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この投法ではグラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX142㌔を計測したストレートと、縦と横のスライダーと、ツーシームと、カーブは確認。
ストレートには威力がありましたし、変化球もまずまずでしたが、カーブの時にのみ肘を立てては球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

石川 雅晴(坂井)捕手 178・84 右・右 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、リリースポイントの後から軽く足を浮かせて気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲内かどうか微妙です。
インサイドは上記欠点とクローズの踏み込みから当然詰まってしまいますし、甘くても詰まってライト前に落としてくる程度です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは見極めては来ましたが、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいる際には膝をつかない方で、ワンバウンドは止めては来ましたが、軽率に後ろに逸らして球を見失ってセカンドランナーの生還を許してしまったりも・・・
自慢の肩は良いですが、高めに浮くのは?
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

帰山 賢也(坂井)ライト 176・73 左・左 3年

昨年も少し気になっていましたが、今年も見れましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とした所から膝を引き上げて回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドにはクローズの踏み込みから詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはレフトに叩いてきます。
縦スラも甘いとレフトに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速い方ですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしか無く、肩とともに不明です。
と言う事で、打撃はまずまず伸びていたと思いますので、大学で欠点を矯正して行き、打撃以外にも何か売りを作っていければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月12日(水)23時47分4秒
  今日の寸評は福井特集を開始します。


小堂 莉玖(若狭)投手 180・76 右・左 2年

知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕の使い方は悪くはないものの、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに大きく流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX135㌔くらいのストレートと、縦スラと、フォークは確認。
ストレートはAV的には遅いですし、球を置きに来るケースが多いのは気になりましたが、偶にナイスなボールが来ていましたし、変化球はまずまずだったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正していければ大化けしても不思議ではないと思います。
来年に期待したいものです。

小林 久也(若狭)センター 166・65 右・左 2年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
プロフよりも打席では大きく見えますね。
開いて、グリップを耳よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から軽く足を浮かせて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドには肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはきっちりレフトに叩いてきます。
落ちるボールの良いサンプルが無かったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
守備範囲は広かったですが、肩は伸びあがって捕球しての送球だったので本来のものは分からず。
足は速いですし、隙をついた見事な好走塁は見せて来たものの、ストレートの際に走って刺されていましたので、現状売りには出来ないようです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正して行き、足も売りに出来るようになれば面白いと思います。
来年に期待したいものです。

高橋 諒(若狭)投手 170・73 左・左 1年

知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、セカンド方向を蹴るようにして足を伸ばして、上体が1塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、膝が割れて、首を振って、グラブは後ろに大きく流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX130㌔くらいのストレートと、スライダーと、チェンジアップは確認。
ストレートの質は良かったですし、変化球もまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の1年生にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ面白いと思います。
まずは来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月11日(火)23時46分8秒
  今日の寸評は島根特集のラストです。


水谷 瞬(石見智翠館)レフト 192・94 右・右 3年

知らない選手でしたが、ドラフトされましたので最終感想など。
父親がナイジェリア人だそうです。
クロースに構えて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、リリースポイントの後から軽く足を浮かせて小さくクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドには上記欠点とクローズの踏み込みで且つ長い腕が邪魔をして窮屈そうなスイングとなって当然詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースが多かったです。
低めの縦スラは拾えないですが、追い込まれるとファールでは逃げてきますし、甘くなるとライトに叩いてきます。
外のストレートはライトに叩いてきますが、外の低めのストレートは空振りしていました。
動体視力は悪くはないようですし、脆さはそれ程感じなかったです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
守備に関しては、打球勘はあまり良くなさそうですが、肩は本来のものは分からなかったですが悪く無かったです。
足は結構速いですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
と言う事で、ハーフの選手特有の身体の硬さが見られますし、似たタイプのオコエがプロで通用していない現状を鑑みると(身体能力的にはオコエの方が遥かに上)、欠点も多いですので時間はかなり掛かるだろうなあと言うのが正直な感想です。
ただまあ折角指名されたのですから、死ぬ気で努力して何とか生き残って欲しいものです。

西村 優力(石見智翠館)投手 183・84 右・右 3年

知らない番手の投手でしたが、少し気になりましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX135㌔くらいのストレートと、カーブと、縦スラは確認。
ストレートは良いのと悪いののバラツキが激しかったですが、変化球はまずまずだったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の番手の投手にしてはまずまず良いものは持っていましたので、地方の大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

久保 修(石見智翠館)ライト 180・? 右・右 3年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ちクロースに構えて、グリップを体に近く耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて行き回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップの内への移動が見られます。
インサイドは甘くなると三塁線を破ってきましたが、コースに決まると上記欠点とクローズの踏み込みなので厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
低めの縦スラは拾えないですが、縦スラが甘くなるとバックスクリーン左にHRを叩き込んで来ます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足はまずまず速い方ですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、地方の大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。


明日から別の県の特集を開始します。
お楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月10日(月)23時49分7秒
  ★中央大新入部員(○はリストに名前がある選手)
▽投手
〇井平 光紀 北海
〇佐野 涼弥 浦和学院
〇沢田 龍太 富山商
鈴木 睦也 東京実
○楢山 魁聖 函館ラサール

▽捕手
村高  尭 日大豊山

▽内野手
今井 大輔 市太田
河嶋駿太郎 石岡一
〇北村 恵吾 近江
深津 優心 浜松工

▽外野手
〇門川 大晟 日南学園
○斎藤未来也 関東第一
松本 恭也 鶴見大付
〇森下 翔太 東海大相模
https://www.hochi.co.jp/baseball/ama/20181210-OHT1T50090.html

★拓殖大新入部員(○はリストに名前がある選手)
五十畑 亮汰(常磐大)
伊藤 陸斗(出雲西)
大森 迅人(花巻東)
奥田 拓真(健大高崎)
片岡 瑞樹(鶴岡東)
佐竹 流星(丸亀城西)
篠宮 周平(高松商業)
杉山 順士(拓大一)
瀬戸 雄貴(花巻東)
高島 大輝(滝川第二)
寺澤 眞治(拓大紅陵)
中田 光稀(市立呉)
中村 光希(広島商業)
中村 広俊(大手前高松)
○新原 渉吾(千葉敬愛)
東 大翔(瀬戸内)
藤丸 龍生(直方)
二ツ柳 竜椰(松本第一)
堀田 大夢(金沢市立工業)
前原 健人(高川学園)
宮崎 鉄平(富士宮北)
山岡 龍弥(藤井学園寒川)
山嵜 弘平(岩倉)
○山下 竜哉(秀岳館)
山本 陽太(志学館)
リム アンダーセン(明徳義塾)
輪千 輝人(埼玉栄)
https://blogs.yahoo.co.jp/takushoku_b_b_c/34552219.html


今日の寸評は、島根特集を開始します。


上田 大輝(石見智翠館)捕手 ?・? 右・左 3年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを体から離して顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターからレフトにきっちり叩いてきます。
外の沈むボールもレフトに叩いてきます。
外寄りの高めのストレートは引っ張り込んでライトスタンドにHRを叩き込んで来ます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めては来ましたが、大きく弾いたり後ろに逸らしたりも見られました。
肩は捕ってから素早くコントロール良く刺してきます。
と言う事で、無名の選手にしては中々良いものを持っていましたので、大学で欠点を矯正して行ければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

榊原 元稀(石見智翠館)投手 ?・? 右・右 3年

知らない投手でしたが、少し気になりましたので感想など。
身長は180㌢弱くらいでしょうか。
プレートの真ん中を踏んで、ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、ショート方向に足を向けて、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、かなりインステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってはきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
球種的には、MAX135㌔ちょっとくらいのストレートと、縦スラと、スローカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、地方の大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

安田 陸人(益田東)ファースト 181・82 右・右 2年

知らない選手でしたが、甲子園の模様と予選の模様を合わせて感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げた所から軽く足を浮かせてゆったりホーム方向に爪先を付いて、リリースポイントから軽く足を浮かせて気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドの甘い低めのストレートは三遊間を突破してきましたが、上記欠点とクローズの踏み込みなので詰まるケースが当然多かったです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
左腕の低めの変化球はファールでは逃げてきましたが、右腕の縦スラは拾えるほどではないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は無難のようです。
守備はポロッとしたりもありましたが、強い打球を体で止めて来たりと動きは悪くなかったですので、別のポジションが守れるようになりたいものです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正していければ化けれると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月 9日(日)23時49分24秒
  今日の寸評は愛知特集のラストです。


植田 結喜(東邦)投手 176・75 左・左 2年

知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向に足を伸ばして、軸足のクッションを大き目に利用して溜めて、サイドスローとスリークウォーターの中間くらいから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
首の動きで牽制するものの、溜めるタイプなのでクイックはイマイチです。
球種的には、MAX142㌔を計測したストレートと、スライダーと、チェンジアップは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては中々良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正していければセンバツで騒がれるようになると思います。
来年に期待したいものです。

梅田 昴季(東邦)ファースト 176・79 右・左 3年

選抜では気にならなかったですが、夏は気になりましたので感想など。
軽く開いてからスクエアにし、グリップを耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から軽く足を踏み出して爪先を立てて、最終的にその場で踵を踏み込むスタイルです。
グリップを下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りの高めのストレートは引っ張り込んでライトスタンドにHRを叩き込んで来ます。
低めの縦スラに対しては膝を使って引っ張って捉えてきたケースも見られました。
左腕の変化球も甘いと一塁線を突破してきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くもないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですが、別のポジションを守れるようになりたいものです。
と言う事で、まずまず伸びていましたので、大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

熊田 任洋(東邦)ショート 172・72 右・左 2年

選抜では良さが良く分からなかったですが、夏は少し成長していましたので感想など。
大きく開いて、グリップを体から離して胸よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドの縦スラは引っ張ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のチェンジアップには、やや崩されても膝を使ってセンターに拾ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速い方ですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、まずまず伸びていましたので、冬の間に欠点を矯正して行き、足も絶対的な売りに出来るようになればセンバツで面白いと思います。
来年に期待したいものです。


明日から別の県の特集を開始します。
お楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月 8日(土)23時48分44秒
  今日の寸評も愛知特集の続きです。


上田 希由翔(愛産大三河)ファースト 182・82 右・左 2年

事前に気になっていましたが、甲子園と予選を合わせて初めて見た感想など。
大きく開いて、グリップを耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
左腕の甘めのインサイドのストレートはきっちり引っ張ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはまずまずです。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
外寄りの高めの縦スラも引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くもないですが、走塁の意識は低い選手です。
守備は無難にこなしていましたが、別のポジションを守れるようになりたいものです。
と言う事で、投手としても評判ですが残念ながら見れなかったので何とも言えませんが、打撃にも確かに良いものは持っていましたので、冬に間に欠点を矯正していければ面白いと思います。
来年に期待したいものです。

扇谷 莉(東邦)投手 189・90 右・右 3年

選抜でも感想を書きましたが、夏も見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向に足を伸ばして、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、略オーバースローから投げ下ろしてくる。
左腕を低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れて、上体が1塁側に倒れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントの結構前からプレートから軸足が離れてしまうのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145㌔を計測したストレートと、縦スラと、カーブは確認。
ストレートは球速表示程では無かったですが、変化球はまずまずだったとは思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

石川 昴弥(東邦)サード 185・81 右・右 2年

選抜では良さが良く分からなかったですが、夏は気になりましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを耳よりもかなり上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げ始めた後から下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、リリースポイントの後から軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップの内への移動が見られますが、センバツの時よりはかなり緩和したと思います。
インサイドがコースに決まると詰まりながらセンター前に落としてくる程度ですが、甘くなると左中間を突破してきましたし、レフトスタンドへのHRも叩き込んで来ます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは甘くなるとセンターに叩いて来たり、引っ張り込んで捉えても来ます。
低めの落ちるボールの良いサンプルが無かったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
守備の動きは良かったですし、肩も良いです。
足も速い方で、左腕の変化球の際に盗塁を決めてきましたし、隙をついた好走塁もしてきます。
と言う事で、徐々に良くはなっていましたので、冬の間に欠点を矯正していければ来年かなり騒がれるようになると思います。
まずはセンバツで期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月 7日(金)23時44分6秒
  今日の寸評も愛知特集の続きです。


牛島 凛人(愛工大名電)ファースト 180・70 右・右 2年

甲子園では迷った末に何も書きませんでしたが、予選で気が変ったので感想など。
クローズに構えて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げるヒッチ打者で、内への移動が見られます。
インサイドは詰まってパワーでセンター前に落としてくる程度です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んでレフトスタンドにHRを叩き込んで来ます。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
甲子園では踵体重となって外の縦スラには脆かったですが、予選では低めのカーブを膝を使って引っ張って左中間を突破してきました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずですが、予選でも踵体重っぽくなる打席も見られたので、この辺りは改善したいものです。
足は遅くもないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備は無難にこなしていましたが、別のポジションを守れるようになりたいものです。
と言う事で、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正していければ大化けしても不思議ではないと思います。
来年に期待したいものです。

堀内 祐我(愛工大名電)ショート 179・69 右・左 2年

昨年も感想を書きましたが、甲子園では良くなかったですが、予選を見て気が変ったので感想など。
開いて、グリップを体から離して顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げ始めた所から下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、リリースポイントの後から軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドの縦スラは引っ張ってライト線へ長打を放ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
左腕のスライダーも甘いとセンターに拾ってきます。
低めの落ちるボールに対しても、膝を使って拾ってきたケースも見られました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですが、甲子園では顕著でしたがスローイングがイップス気味なのは?
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬の間に欠点を矯正して行き、セカンドとして進化できれば化けれると思います。
来年に期待したいものです。

稲生 賢二(愛工大名電)レフト 172・73 右・左 2年

中学時代に感想を書きましたが、甲子園の模様と予選を合わせて感想など。
開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて大きく回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲外っぽいです。
コースに決まったインサイドは詰まりながらセンター前に落としてくる程度ですし、カットボールには詰まってしまいますが、縦スラは詰まり気味に引っ張って捉えてきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
甘い高めのカーブはライトスタンドにHRを叩き込んで来ます。
左腕のスライダーも甘くなるとライトスタンドにHRを叩き込んで来ます。
低めの変化球は拾えないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずではありますが、ボールを点で捉えるスイングなのは矯正したいですね。
足は速い方で、予選では左腕の変化球の際に盗塁を2個決めてきました。
守備範囲は広いですが、肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬に欠点を矯正していければ化けれると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月 6日(木)23時41分43秒
  今日の寸評も愛知特集の続きです。


石黒 拓弥(星城)投手 175・71 右・右 2年

知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を勢い良く内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、かなりインステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX135㌔くらいのストレートと、チェンジアップと、フォークと、カーブは確認。
ストレート伸びは中々でしたが、カーブの際にのみ肘を立てては球種がばれてしまいます。
また変化球を投げる際に腕の振りが緩むのも?
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
打撃に関しては、外寄りのストレートをバックスクリーン左にHRを叩き込んで来ましたが、リストを利かしたスイングは中々だったと思います。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正していければ名前が出るようになると思います。
来年に期待したいものです。

南 勇真(星城)捕手 174・75 右・左 2年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
外寄りのストレートは引っ張り込んで2打席連続ライトスタンドにHRを叩き込んで来ます。
縦スラは拾えるほどではないようですが、甘くなると大きな当たりを放ってきます。
頭の高さは変るので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めては来ましたが、安心感は無いです。
肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、無名の選手にしては打撃は良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正して行き、肩が良いのであれば来年面白いと思います。
期待したいものです。

森 春輝(愛工大名電)投手 177・79 右・右 2年

甲子園では投げなかったですが、気になりましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、かなりインステップして、スリークウォターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに大きく流れて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX135㌔ちょっとくらいのストレートと、縦スラのみ確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正して行き、ストレートにも磨きをかけて、縦スラ以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月 4日(火)23時42分39秒
  ★法政新入部員(○はリストに名前がある選手)
【投手】
〇石田 旭昇 東筑
〇扇谷  莉 東邦
〇山本 大雅 三重
【捕手】
〇大柿廉太郎 高崎健康福祉大高崎
木下 将吾 静岡
村上喬一朗 東福岡
【内野手】
○海崎 雄太 埼玉栄
河野 賢伍 西武台千葉
〇斉藤 大輝 横浜
〇高田 桐利 広陵
〇野尻 幸輝 木更津総合
〇松田憲之朗 龍谷大平安
【外野手】
〇樺嶋竜太郎 福岡大大濠
○田中 悠我 帝京
〇宮崎 秀太 天理
https://www.hochi.co.jp/baseball/ama/20181204-OHT1T50097.html


★國學院大新入部員(○はリストに名前がある選手)
【投手】
○坂本 颯太 聖望学園
○源 隆馬 宮崎学園
○江原 雅裕 天理
忠井滉太朗 島根・大東
〇福谷 航太 明石商
〇富山 太樹 乙訓
〇楠茂 将太 旭川大高
【捕手】
山村 航大 市太田
〇鈴木 大河 佐久長聖
【内野手】
〇小板慎之助 日本航空石川
山崎 拳登 横浜
○西村 達貴 日大豊山
〇宮田 蒼太 関東第一
綾  晃平 熊本工
森下 颯太 大分商
【外野手】
○竹川 大稀 常磐大高
山本 大輔 大手前高松
宮脇 大地 大阪桐蔭
https://www.hochi.co.jp/baseball/ama/20181204-OHT1T50118.html


今日の寸評も愛知特集の続きです。


浦野 海斗(中京大中京)投手 180・83 右・左 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを大き目に利用して、かなりインステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに大きく流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔くらいのストレートと、縦スラと、チェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

澤井 廉(中京大中京)ライト 178・80 左・左 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げた所から自身も膝を引き上げてきゆったり回しこんで踏みこむスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプで、内への移動は許容範囲内かどうか微妙です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
落ちるボールの良いサンプルが無かったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変るので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングには力感があります。
守備はイージーなものしか無く、肩とともに不明です。
足は速い方ですが、左腕投手から走って刺されていましたので、現状売りには出来ないようです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正していければ大化けしても不思議ではないと思います。
4年後に期待したいものです。

関岡 隼也(中京大中京)捕手 169・69 右・右 2年

知らない選手でしたが、少し気になりましたので感想など。
開いて、グリップを体に近く胸よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げ始めた所から自身も膝を軽く引き上げてからホーム方向に爪先を付いて、リリースポイントから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内っぽいです。
インサイドには肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
落ちるボールの良いサンプルがなかったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
シャープに振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいる際には膝をつかない方で、ワンバウンドは止めてきます。
肩は良かったですが、コントロールの精度は上げたいものです。
と言う事で、まずまず良いものは持っていましたので、冬の間に欠点を矯正していければ化けれると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月 3日(月)23時39分31秒
  今日の寸評も愛知特集の続きです。


杉本 礼恩(栄徳)サード 180・95 右・右 3年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし切った後から軽く足を浮かせて回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドは窮屈そうになるものの、甘くなると詰まりながらもパワーでレフトスタンドにHRを叩き込んで来ます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは甘くなるとレフト線に長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングには力感があります。
足は無難のようです。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、地方の大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

上ノ原 琉偉(愛産大工)投手 174・82 右・右 3年

知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、軸足に軽く絡めてからショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
腕をもっと最後までしっかり振り切りたいものです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔くらいのストレートと、カーブと、縦スラと、チェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、地方の大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

茶谷 琉斗(愛産大工)投手 179・76 左・左 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝を突っ張り気味に、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔弱くらいのストレートと、カーブと、スライダーは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ大化けすると思います。
4年後に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月 2日(日)23時55分40秒
  今日の寸評も愛知特集の続きです。


野口 泰司(栄徳)捕手 178・75 右・右 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
クローズに構えて爪先を立てて、グリップを胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし切った所から膝を引き上げて気持ちアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動が見られます。
インサイドは左腕のスライダーが甘くなるとおっつけて右中間を突破してきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの縦スラは、膝をまずまず使って引っ張って捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めては来ましたが、安心感は無いです。
地肩は分からなかったですが、捕ってから素早く送球して刺してきた肩はまずまずです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

松原 北斗(栄徳)投手 167・65 左・左 2年

知らない投手でしたが、少し気になりましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを大き目に利用して(セカンドベース方向に重心が掛かりすぎ)、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を天に突き上げるように使うタイプで、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転がやや強くなって、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使って来ます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔弱くらいのストレートと、スライダーのみ確認。
5回コールドゲームでしたが、確かスライダーは1球のみで、後は全部ストレートで押してきましたが、ストレートはまずまずだったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、小柄な無名の投手にしては良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正して行き、スライダー以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
来年に期待したいものです。

西村 進之介(栄徳)ライト 179・71 右・左 2年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを体から離して顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、投手が腰を落とし切った後から軽く足を浮かせて気持ちアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは甘くなると引っ張れるようです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミング早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
変則左腕の外の低めの難しいストレートに対して、膝を使って三遊間を破ってきたのは見事。
縦スラが甘くなるとセンターオーバーの長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速いですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、無名の選手にしては中々良いものを持っていましたので、冬の間に打撃技術に更に磨きをかけて、肩が良いのであれば面白いと思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年12月 1日(土)23時24分34秒
  今日の寸評も愛知特集の続きです。


加藤 健輔(西尾東)ファースト 180・80 右・右 2年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップを胸よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げた所から自身も膝を引き上げていき回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドは球威の無いストレートが少し甘いと強烈に引っ張ってきますが、コースに決まると詰まりながらセンター前にパワーで落としてくる程度です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外の縦スラは右中間を破ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングには力感があります。
足は遅くはないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備も無難にこなしていましたが、別のポジションが守れるようになりたいものです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正して行き、打撃以外にも何か売りを作っていければ化けれると思います。
来年に期待したいものです。

山田 絋太郎(西尾東)投手 183・73 右・? 2年

雑誌に名前が載っていたので気になっていましたが、初めて見た感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を小さく蹴って、軸足のクッションを利用して溜めて、インステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしてくるものの、腰の横回転が津ようなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
リリースポイントのかなり前からプレートから軸足が離れるのは気になります。
1イニングを3人で片づけたので、クイックは不明です。
球種的には、MAX141㌔を計測したストレートと、縦スラのみ確認。
ストレートはもっと出そうでしたし、質も良かったです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに中々良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正して行き、縦スラ以外の絶対的な変化球も習得できれば騒がれるようになると思います。
来年に期待したいものです。

永野 伶(中部大一)ライト 177・77 右・右 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし切った所から軽く足を上げて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内へのかなりの移動も見られます。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
落ちるボールの良いサンプルが無かったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くはないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしか無く守備範囲は分からなかったですが、肩は良かったです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、地方の大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年11月30日(金)23時47分33秒
  今日の寸評も愛知特集の続きです。


三浦 大輝(時習館)投手 181・83 右・左 3年

雑誌に名前が載っていたので気になっていましたが、初めて見た感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、サード方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差には当初から乏しく、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、上体が1塁側に倒れて、グラブは後ろに大きく流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔ちょっとくらいのストレートと、カットボールと、縦スラは確認。
いずれも一定レベル以上の代物だったと思います。
コントロールに関しては、力んで高めに浮いてしまうボールが多かったです。
打撃に関しては、軽く開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし切った所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは肘の畳み方が甘く詰まってしまうのは残念。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んで右中間に特大のHRを叩き込んで来ます。
チェンジアップには膝を使ってファールでは逃げてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは中々でした。
と言う事で、確かに投打ともに中々良いものを持っていましたので、大学で欠点を矯正していければ投打ともに大化けすると思います。
4年後に期待したいものです。

澤田 龍承(刈谷)投手 177・73 右・右 3年

知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れがちとなって、首を振って、グラブは後ろに大きく流れて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX136㌔を計測したストレートと、大小2種類の縦スラは確認。
ストレートの質は良かったです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、全くの無名の投手にしては良いものを持っていましたので、地方の大学で欠点を矯正して行き、ストレートにも更に磨きをかけて行ければ大化けしても不思議ではないと思います。
4年後に期待したいものです。

岡本 朋大(天白)投手 173・68 左・左 3年

雑誌に名前が載っていたので気になっていましたが、初めて見た感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘はまずまず鋭角に使ってきます。
肘をもっと前に出したいものです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX135㌔ちょっとくらいのストレートと、スライダーと、カーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年11月29日(木)23時45分3秒
  今日の寸評も愛知特集の続きです。


西依 慶多(三好)投手 190・90 右・右 3年

知らない投手でしたが、少し気になりましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、サード方向を蹴って、軸足のクッションを小さめに利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差には当初から乏しく、腰の横回転も強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘はまあまあ鋭角に使ってきます。
もっと肘を前に出したいものですし、腕の軌道が体から必要以上に離れてしまうのは気になりました。
フィニッシュでは、膝を突っ張り気味となって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはまずまずしてきます。
球種的には、MAX136㌔を計測したストレートと、カーブと、縦スラは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、投手経験は浅そうな気がしましたが、良いものは持っていますので、地方の大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きを掛けて行ければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

濱田 康太(桜丘)投手 174・80 右・右 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナー無しでもセットから、膝を素早く内に引き上げて、サード方向に足を向けて、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローとスリークウォーターの中間よりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔弱くらいのストレートと、カーブと、縦スラと、チェンジアップは確認。
いずれもまずまずでしたが、カーブの際にのみ肘を立てては球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

堀尾 陸(桜丘)サード 180・78 右・右 2年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを耳よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げて回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げてまた上げて、内への移動も見られます。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったものの、上記欠点とクローズの踏み込みでは厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
甘いストレートはレフトスタンドにHRを叩き込んで来ます。
コースに決まった縦スラに対しては、膝を使ってセンターへ軽打して捉えて来たのは見事。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くはないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしか無く、詳細は不明です。
と言う事で、全くの無名の選手にしては打撃には見どころがありましたので、冬の間に欠点を矯正して行き、打撃以外にも何か売りを作れれば大化けすると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年11月28日(水)23時41分27秒
  今日の寸評は愛知特集を開始します。


横田 龍也(豊田工)投手 185・85 左・左 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローとスリークウォーターの中間くらいから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差が解けるタイミングは早く、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘はまずまず鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
肘の使い方は昨年よりはまあまあ良くなったとは思います。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
牽制を入れて、クイックはしてきましたが、ピッチャーゴロの反応は悪くはないですが、バント処理の動きが緩慢なのは気になりました。
球種的には、MAX133㌔を計測したストレートと、100~110㌔台のスライダーのみ確認。
いずれも無難でした。
コントロールに関しては、高めに浮いたり、甘いのもかなり多かったです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったですので当然指名も無かったですが、資質的には良いものを持っていますので、大学などで欠点を矯正していければ化けれる可能性もあると思います。
4年後に期待したいものです。

大西 悠史(大府)投手 174・65 左・左 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングは早く、腰の横回転も強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
観戦日はランナーを出さなかったので、クイックは不明です。
球種的には、MAX140㌔くらいのストレートと、スライダーのみ確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正して行き、スライダー以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

眞田 拓(東郷)投手 177・70 右・右 3年

雑誌に名前が載っていたので気になっていましたが、初めて見た感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってはきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、140㌔くらいのストレートと、緩い縦スラのみ確認。
ストレートは良かったですが、縦スラの際に腕の位置が上がっては球種がばれてしまいますし、もっと鋭く小さく曲がるものにブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、大学で欠点を矯正していければ大化けすると思います。
4年後に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年11月27日(火)23時45分54秒
  今日の寸評は神奈川特集のラストです。


万波 中正(横浜)センター 190・88 右・右 3年

何度も見てきましたが、指名されましたので最終寸評を。
軽く開いて、グリップを胸よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、リリースポイントの後から軽く足を浮かせて気持ちアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを2度上げするタイプで、内への移動は許容範囲内ですが、左肩が内側に入りすぎるのは気になります。
予選ではインサイドが甘くなると左中間スタンド上段にHRを叩き込んで来ます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
甲子園では崩されて球を追い回して脆さを露呈しましたが、予選では真ん中低めの縦スラは引っ張り込んで捉えてきましたし、左腕の外の低めのチェンジアップは膝を使ってレフトに拾ってきたケースも見られました。
また縦スラが甘くなるとセンターフェンス直撃弾やレフトフェンス直撃弾も放ってきます。
更に変則派の甘いスライダーはスコアボード直撃の特大HRも叩き込んで来ます。
頭の高さはかなり変わるので、ミスショットが多いです。
振り切ってくるスイングには力感があります。
足は速い方ですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備範囲は広かったですし、肩もかなりの強肩です。
投手としてはランナーがいる際の投球しか見れなかったですが、セットから、膝を内に引き上げて、軸足に軽く絡めてからショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ下ろして来る。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
リリースポイントの結構前からプレートから軸足が離れるのは気になりました。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきますが、牽制はしなかったので牽制の精度は不明です。
球種的には、MAX146㌔を計測したストレートのみ確認。
ストレートには威力がありましたが、下級生時代にはカーブは見たことがありましたが、その他の変化球の精度は不明です。
コントロールも一応纏めては来ましたが、高めに浮いたり甘くなったりも散見されました。
★纏め
うーん、好不調の波が物凄く激しいのか?それとも大舞台には弱いのか?どちらなのかは分からなかったですが、予選と甲子園では別人でしたが、時間は掛かるでしょうが欠点を矯正できれば可能性はあると思いますし、投手として潰しが利くタイプでもあるので、即プロは妥当ではあるとは思います。
ただ精神的には強い方ではないようなのは懸念点ではあります。
後は、本人の努力とプロの育成力に掛かっていますので、死ぬ気で努力して生き残って欲しいものです。

木下 幹也(横浜)投手 184・88 右・? 1年

知らない投手でしたが、かなり気になりましたので感想など。
振りかぶって、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ下ろしてくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強く、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースの結構前からプレートから軸足が離れるのは気になります。
打者一人に対しての投球だったので、クイックは不明です。
球種的には、MAX135㌔ちょっとくらいのストレートのみ確認。
ストレートには威力がありましたし、角度も光りましたが、変化球は投げなかったので何を持っているのか不明です。
と言う事で、かなりの資質を持っていますので、今後徐々に欠点を矯正して行き、絶対的な変化球も2種類習得できれば非常に面白いと思います。
まずは来年に期待したいものです。

北野 秀造(日大)投手 175・76 右・右 3年

昨年も見た記憶がありましたが、少し成長していましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも少し上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX135㌔くらいのストレートと、縦スラと、カットボールと、カーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず成長はしていましたので、地方の大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけていければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。


明日から別の県の特集を開始します。
お楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年11月26日(月)23時43分27秒
  今日の寸評も神奈川特集の続きです。


楠本 龍聖(桐光学園)ショート 182・72 右・右 2年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを体に近く顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げた所から下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、リリースポイントの後から軽く足を浮かせてクローズに踏み込むスタイル。
グリップの内への移動も見られます。
インサイドは上記欠点とクローズの踏み込みなので当然厳しいようです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
落ちるボールは現状拾えないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速いですし、セーフティーバントも決めてきます。
守備の動きはかなり良かったですし、スローイングも安定していましたし、肩も良かったですので、守備は売りに出来ると思います。
と言う事で、打撃は正直弱いですが(ただセンスはある)、守備と言う絶対的な売りがありますので、冬の間に打撃の欠点を矯正していければ大化けしても不思議ではないと思います。
来年に期待したいものです。

鈴木 智也(桐光学園)レフト 179・80 右・左 2年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
軽く開いて、グリップを体から離して顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドには詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートは左中間を突破してきます。
左腕のスライダーは上手く拾ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くないですが、左腕のストレートの際に走って刺されていましたので、現状売りには出来ないようです。
守備はイージーなものしか無く良く分からなかったですが、肩は良かったです。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正していければ大化けしても不思議ではないと思います。
来年に期待したいものです。

天野 陸(桐光学園)投手 174・81 左・左 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、セカンド方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、略オーバースローから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX133㌔(本来140㌔)を計測したストレートと、カーブと、縦と横のスライダーと、チェンジアップは確認。
ストレートは良くなかったですが、変化球はいずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年11月25日(日)23時47分42秒
  今日の寸評も神奈川特集の続きです。


山田 陸人(桐光学園)セカンド 177・76 右・右 3年

昨年高評価しましたが、今年も見れましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを体に近く顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドは上記欠点とクローズの踏み込みなので、詰まりながらレフト前に落としてくる程度です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは甘いと右中間を突破してきます。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずでしたが、昨年の方が良かったです。
足は遅くはないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備に関しては守備位置が深すぎて、前へのダッシュが遅くセーフとなっていましたが、この辺りはもっと考えたいものです。
と言う事で、本来は今年の神奈川NO1打者と呼ばれなければならなかった資質の選手ですけど、期待した成長曲線には達していなかったのは非常に如何ですが、大学で欠点を矯正していければ騒がれるようになると思います。
4年後に期待したいものです。

谷村 然(桐光学園)投手 179・84 右・右 2年

中学時代から毎年見ていますが、今年も見れましたので感想など。
振りかぶって、膝を内に引き上げて溜めて、サード方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
腕の位置を去年よりも上げたようです。
左腕を低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差には当初から乏しく、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントの結構前からプレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔ちょっとくらいのストレートと、縦スラと、カーブと、フォークは確認。
いずれもまずまずの代物でしたが、カーブの際にのみ肘を立てては球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、潜在能力的にはこの程度ではないはずですし、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので冬の間に欠点を矯正していければ騒がれるようになると思います。
来年に期待したいものです。

冨田 冬馬(桐光学園)投手 171・72 左・左 2年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、セカンド方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを大き目に利用して、インステップ気味に、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、膝も割れて、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔くらいのストレートと、カーブと、縦スラと、チェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、冬の間に欠点を矯正していければ化けれると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年11月24日(土)23時32分40秒
  今日の寸評も神奈川特集の続きです。


河野 翔英(弥栄)投手 172・76 右・左 2年

知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、略オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れて、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはまずまずしてきます。
球種的には、MAX135㌔ちょっとくらいのストレートと、カーブと、縦スラと、チェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、小柄ではありますが良いものは持っていましたので、冬の間に欠点を矯正していければ化けれると思います。
来年に期待したいものです。

小浦 稜平(白山)投手 184・75 右・右 3年

昨年も感想を書きましたが、今年も見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを大き目に利用して、略オーバースローから投げ下ろしてくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差が解けるタイミングは早く、腰の横回転が強くなって、着地もやや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントの結構前からプレートから軸足が離れてしまうのは気になりました。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔ちょっとくらいのストレートと、縦スラと、カーブは確認。
ストレートの角度は光りましたし、変化球もまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正していければ大化けすると思います。
4年後に期待したいものです。

枯木 匠登(横浜創学館)投手 179・73 右・右 3年

知らない番手の投手でしたが、少し気になりましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、担ぎ気味にスリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバックやや大きめなので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘はまあまあ鋭角に使っては来ましたが、肘をもっと前に出したいものです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX137㌔を計測したストレートと、カットボールと、縦スラと、カーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしてはまずまず良いものを持っていましたので、地方の大学で欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2018年11月23日(金)23時34分25秒
  名無しやんさん
こんばんは。
レポありがとうございます。
東芝は来年廃部とかの可能性が高まったら、結構プロが拾ってくれるかもしれませんね。
ホンダ鈴鹿の国岡は素材は凄いんですよ。
まあ最後は選手の意識次第なんですが、その意識を高めさせて且つ技術も高めさせるような育成メソッドを作れればよいですけどね。


今日の寸評も神奈川特集の続きです。


紫藤 大輝(東海大相模)投手 178・70 右・? 2年

知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、上体を3塁側に倒して、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、サイドスローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック小さいものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってはきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この投法ではグラブの抱え込みは必須です。
クイックは微妙です。
球種的には、MAX135㌔弱くらいのストレートと、スライダーのみ確認。
ストレートの伸びは良かったっですし、スライダーもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正して行き、ストレートにも更に磨きをかけて、スライダー以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
来年に期待したいものです。

長澤 岳(相模原中等)投手 180・82 右・右 3年

知らない選手でしたが、投手としては普通でしたが打撃が気になりましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを体に近く胸の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドには上記欠点から詰まってしまいますが、インサイドの縦スラはレフトスタンドにHRを叩き込んで来ます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んでレフトオーバーの長打を放ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングには力感がありました。
足は遅くはないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
途中からショートを守ったものの、打球は正面のライナーしか無かったので、守備の動きなどは不明です。
と言う事で、全くの無名の選手にしては打撃には見どころがありましたので、大学で野手に専念して欠点を矯正していければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

錦織 颯大(神奈川工)投手 179・72 左・左 2年

知らない投手でしたが、気になりましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、セカンド方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを大き目に利用して、スリークウォーターよりも上から投げこんでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックは微妙です。
球種的には、MAX135㌔くらいのストレートと、カーブと、スライダーは確認。
いずれもまずまずの代物でしたが、カーブは中々良かったです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の投手にしては良いものを持っていましたので、冬の間に欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ化けれると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

/547