投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月21日(水)23時45分46秒
  今日の寸評も甲子園特集と大学選手権特集です。


松浦 佑星(富島)ショート 172・68 右・左 3年

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、バットを担いでヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げた所から自身も膝を引き上げて行き回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップの内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りの低めのストレートは左中間を突破してきます。
縦スラは現状拾えるほどでは無かったです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速く、普通のファーストゴロでもセーフにしてきますし、ストレートの際にモーションを盗んで盗塁を決めてきましたし、三本間に挟まれた瞬間スピードを上げてホームインしてきます^^
守備の動きはかなり良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、足と守備と言う絶対的な武器を持っていますので、大学で打撃の欠点を矯正して行き、落ちるボールも拾えるようになれば必然的に上の扉が開くと思います。
4年後に期待したいものです。

富井 大輝(富島)投手 171・70 右・左 2年

知らない番手の投手でしたが、少し気になりましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて上体も捻るトルネードから、セカンドベース方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、アウトステップ気味に、略オーバースローから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくは無いものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはまあまあしてきます。
球種的には、MAX137㌔を計測したストレートと、110~120㌔台の縦スラのみ確認。
ストレートの威力はありましたが、縦スラは落差の大きなタイプなので、もっと小さく鋭く曲がるタイプにブラッシュアップしたいものです。
と言う事で、無名の小柄な番手の投手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて、縦スラ以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
来年に期待したいものです。

西舘 勇陽(花巻東)投手 184・80 右・右 3年

下級生の時に感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくは無いものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
気になったのは、バント処理の雑さですが、もっときちんと練習したいものです。
球種的には、MAX145㌔を計測したストレートと、120~130㌔台のナックルと、120㌔台の縦スラと、100㌔台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも多かったです。
と言う事で、期待した成長曲線には全く達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっともっと磨きを掛けて、変化球も何か絶対的なものを習得できれば大化けすると思います。
4年後に期待したいものです。

八木 風麿(北稜-佛教大)レフト 176・68 左・左 3年

初戦で途中から登場して以降打ちまくっていましたが、少し気になったので感想など。
気持ち開いて、グリップを体から離して顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲内かどうか微妙です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはレフトに叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
縦スラは現状拾えるほどではないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速い方で、左腕の変化球の際に盗塁も決めてきます。
DHでの出場が多かったですが、左肘に痛みがあるようで、レフトからの送球の際の投げ方はぎこちなかったので、本来の地肩はどのくらいなのかどうかは不明です。
と言う事で、安打製造機タイプの選手ですが、面白いものは持っていましたので、今後は更に技術に磨きをかけて、落ちるボールにも対処できるようになって、肘も完治させて肩もそこそこ良いのであれば面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

静岡県学生野球リーグ(1年生)

 投稿者:確定拠出年金  投稿日:2019年 8月21日(水)21時20分23秒
  東海地区大学野球春季リーグ戦のパンフレットから、各校の1年生をご紹介します。
例年、春に1年生が掲載されない静岡大と聖隷クリストファー大については、昨年ご紹介できなかった今年の2年生を、また静岡大は、今月行われた静岡県社会人大学対抗戦のパンフレットに1年生の名前がありましたので、併せて記載しました。

◎日大国際関係学部
【投手】五百木晴人(右右、鶴見大付)、大屋朝飛(右右、富山国際大付)、片岡政宗(右左、神奈川工)、末原佑馬(右右、日出)、鈴木礼央(右右、東海大菅生)、鶴岡雅義(左左、我孫子東)、播磨仙一(右右、知徳)、牧野夢鷹(右右、佐久長聖)
【捕手】客野祐太朗(右左、新田)、鈴木武尊(右左、聖望学園)、原口志士(右右、報徳学園)
【内野手】石原敦也(右右、大垣日大)、大滝遼(右右、山形商)、小川剛世(右左、東海大札幌)、金森祥(右左、桐蔭学園)、栗田直弥(右左、日大)、後藤友斗(右左、土浦日大)、鈴木亮祐(右右、三島南)、高橋大稀(右左、千葉明徳)、谷岡甚(右右、津田学園)、津吹颯(右右、日体大柏)、名越優真(右右、取手一)、原賀凌雅(左左、日大三島)、比留間貫太郎(右右、埼玉平成)、古田大貴(右右、東京成徳)、山崎雅人(左左、埼玉平成)、山田麻佐明(左左、大垣日大)、米満雄斗(右右、横浜隼人)、渡邊陸(右右、知徳)
【外野手】石島丈翔(右右、横浜商大)、大本健太(右左、日大)、海野稜太(右右、千葉日大一)、門脇亜良汰(右左、長野日大)、齋藤琳欧(右右、白鴎大足利)、高橋翔吾(右左、新潟商)、張磨昇太郎(左左、翔凜)、日高嵐仁(右右、宮崎日大)、松戸渚(右左、千葉商大付)、村藤海斗(右右、富山国際大付)、湯川諄(左左、市沼津)
【マネジャー】谷部実紅(日体大柏)

◎静岡産業大
【投手】荻野誠也(左左、清水西)、山﨑晶稀(右右、加藤学園)、畑孝祐(右右、静岡大成)、梶晃聖(左左、静清)、宮野了鳳(右右、浜松商)、井下田将斗(右左、磐田農)
【捕手】大崎雄斗(右右、崇徳)
【捕手】鈴木康雅(右右、浜松商)、油井奎弥(右右、キラリ)
【内野手】谷川智也(右左、天竜)、戸塚慎太(右右、静清)、清水悠大(右右、中越)
【外野手】高根将揮(右右、静岡商)、水口大樹(右右、八戸学院光星)

◎東海大学海洋学部
【投手】久留島誠紀(左左、袋井)、藤森飛雄(右右、東海大甲府)、鈴木祥平(右右、東海大山形)、佐藤武範(左左、東海大菅生)、池田紳輔(右右、東海大静岡翔洋)、中谷颯汰(右右、昌平)、村上竜靖(左左、東海大仰星)、海老澤武瑠(右右、東海大望洋)、島田辰徳(右右、東海大静岡翔洋)、中川遼太郎(右右、焼津水産)、立木遼(右右、脇町)
【捕手】石井悠己(右右、東海大静岡翔洋)、中島翔真(右右、知徳)、前川秀太(右右、育英)
【内野手】横山諒(右左、國學院栃木)、前川歩睦(右右、東海大静岡翔洋)、清水博己(右左、東海大諏訪)、渡邉悠生(右右、清水桜が丘)
【外野手】山本功大(左左、東海大静岡翔洋)、渡邊浩平(右右、東海大静岡翔洋)、角田海(右左、知徳)

◎常葉大浜松キャンパス
【投手】北村悠樹(右右、甲西)
【投手】遠藤郁真(右左、静岡市立)、石川玄稀(右右、岡崎学園)、田丸湧亮(左左、加藤学園)、
縣洸太(右右、横須賀)、内田暉琉(左左、御津)
【捕手】榊原拓斗(右右、天竜)、吉田相輝(右右、瀬戸内)
【内野手】鈴木海斗(右左、静岡商)、井口景斗(右左、浜松商)、永田新(右右、中京学院大中京)、渡邉大士(右右、豊川)、古郡空斗(右右、三島南)、小濱雄輝(右左、市沼津)、加藤樹暉(右右、飛龍)
【外野手】中野樹(右左、高陽東)、土屋佑輝也(右左、御殿場西)、竹下和斗(右左、磐田東)、和泉雄大(右左、掛川工)

◎静岡大
(2年)
【投手】石田雄大(右右、刈谷)、井出駿(右右、高蔵寺)、木村洋介(右右、仙台第三)、豊田聖理(左左、津西)、永井康平(左左、一宮)、古屋太志(左左、桜美林)
【捕手】天野大輔(右右、西尾)、伊藤謙佑(右右、磐田南)、西林利基(右左、清教学園)、山下宏太(右右、三島南)
【内野手】上田健太朗(右右、国府)、牛田淳一(右右、金沢泉丘)、大澤昂輝(右右、伊那北)、大場祐輔(右右、国府)、加藤諒(右右、福島)
【内野手】神谷拓実(右左、)、津村謡(右右、福島)、藤澤光(右両、韮山)
【外野手】坂井海人(右右、徳島北)、出口慶至(右右、愛知)、中間峻登(右左、川和)、萩原琢麻(右右、都留)
(1年)
【投手】五十子裕起(右右、瑞陵)
【内野手】原田洋輔(右左、宇都宮東)、速水龍太(右右、加納)
【外野手】木川静(右右、日立第一)、竹田龍平(右右、川和)、番匠拡(右右、金沢桜丘)
【学生コーチ】加福智哉(若狭)
【マネジャー】坂井綾那(宇都宮東)、米澤さくら(浜松南)

◎常葉大静岡キャンパス
【投手】中村太洋(左左、浜松商)、永田晃平(左左、常葉大橘)、
影山由磨(右左、富士宮東)
【内野手】勝又里久(右右、富士宮東)、佐野隼大(右右、浦和学院)、山本蒼空(右左、島田樟誠)
【外野手】深澤俊平(右右、東邦)

◎静岡理工科大
【投手】鈴木平(右右、浜松湖南)、松下智輝(左左、湖西)
【内野手】栗生旬(右右、浜松工)、小池剛志(右左、浜松城北工)、堤海斗(左左、常葉大橘)

◎聖隷クリストファー大
(2年)
【投手】吉川京祐(右右、浜名)、八木宝寛(右右、浜松修学舎)、重水廉(右右、藤枝西)
【捕手】山田遙生(右右、福井工大福井)
【内野手】鈴木嗣海(右右、掛川東)、長崎慧(右右、東海大静岡翔洋)
 

(無題)

 投稿者:好投手  投稿日:2019年 8月21日(水)15時03分11秒
  お疲れ様です。明日の決勝は春の再戦となりましたね☆☆

明日の決勝を前に昨日U18の選手が発表されましたが
https://www.nikkansports.com/m/baseball/highschool/news/201908200000437_m.html?mode=all
どうなんでしょ?履正社から一人も選ばれず東妻や来田らも‥
https://www.draft-kaigi.jp/highschool/high-draftnews/47977/
横山がキャッチャー出来るのは知らなかったですφ(..)

今大会も春に続き、全くノーマークだった逸材らと出会えましたφ(..)以下

投 ③降井(津田学園)
③桃枝(北照)や②笠島(敦賀気比)も良かったですが、前の後に履正社打線を完璧に抑えた小柄なサイドスロー

捕 ③菅原(花咲徳栄)
人間性も素晴らしいですし、肩もやっぱ魅力でしたね

一 ③杉田(敦賀気比)
サイクル男、仙台育英戦でも楽しみにしてたんですけど、頭への死球は残念でした

二 ③中里(仙台育英)
守備も軽快でしたし、バットコントロールが抜群ですね

三 ①小田(中京)
③重宮(明石商)も良かったですが、岐阜のおかわり君には攻守だけじゃなく、キャラにも魅了されました

遊 ③松浦(富島)
守備で魅せ足で魅せ、ほんと野球小僧的な選手でした

左 ③丸山(鶴岡東)
①前川(智弁学園)も良かったですが、飯塚からの2本にはやられました

中 ②横山(作新学院)
①大島(敦賀気比)も良かったですが、秋から本職のキャッチャーとしての姿にも注目してみたいです

右 ③福田(作新学院)
①徳丸(智弁和歌山)も良かったですが、野球センスを非常に感じましたし、攻守にバランスがとれてますね

上記のメンツはほんとノーマークでリストにも載せていなかったです。

星稜の奥川
履正社の井上
習志野の飯塚
光星学院の武岡
花咲徳栄の韮沢
智弁学園の坂下
中京の藤田
辺りは志望届を出せばプロ間違いないと思いますし
明石商の中森・来田
は来年間違いなく上位候補に挙がってくると思います。

明日の決勝は仕事で観れませんが、決勝戦に相応しいゲームを期待してます☆☆☆
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月20日(火)23時46分49秒
  今日の寸評も甲子園特集と大学選手権特集の続きです。


剣持 京右(前橋育英)セカンド 180・83 右・左 3年

2年生の時もどうしようか迷った選手でしたが、伸びていましたので感想など。
大きく開いて、グリップを耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を高く引き上げて大きく回しこんで気持ちアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げるヒッチ打者ですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
低めの縦スラは膝を使って掬い上げてライトフェンス直撃弾を放ってきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングには力感があります。
守備はポロっとしたりもありましたが、動きは悪くないです。
足は遅くは無いですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
と言う事で、打撃は伸びていたと思いますので、大学で更に欠点を矯正して行き、打撃以外にも何か絶対的な売りを作っていければ大化けすると思います。
4年後に期待したいものです。

阿部 優太(前橋育英)投手 178・71 右・右 3年

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、サイドスローとスリークウォーターの中間よりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、膝が割れ気味となって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX138㌔を計測したストレートと、120㌔台の縦スラと、120㌔台のカットボールは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったものの、甲子園でも投げれましたし、地方の大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行き、スライダー系以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

黒木 拓馬(富島)投手 175・70 右・右 3年

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、上体も少し捻って、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくは無いものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早い事も相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX139㌔を計測したストレートと、120㌔台の縦スラと、130㌔台のカットボールは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、地方の大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて、スライダー系以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

山崎 伊織(明石商-東海大)投手 181・72 右・ 3年

大学では初めて見たような気がしましたが感想など。
東海大の投手陣の中ではこの投手だけは体が細いです。
振りかぶって、膝を内に引き上げて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX153㌔を計測したストレートと、120~130㌔台の縦スラと、120~130㌔台のカットボールは確認。
ストレートは速くなりましたし、変化球も良かったです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
先発した際には5回くらいから球威が落ちてきましたが、スタミナはまだ不足しているようです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、かなり良いものは持っていますので、今後欠点を矯正して行き、スライダー系以外の絶対的な変化球も習得できれば騒がれるようになると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月19日(月)23時47分31秒
  ツイッターでは伝えきれなかった明日の試合に関して。

(1)履正社VS明石商
何らかの理由があってあまり投げなかった中森は明日先発で来るでしょうが、長いイニングも問題ない状況に回復しているのであれば、履正社大苦戦が想定されますね。
履正社の野手たちでは井上と野上と池田以外は皆体にキレが無く重そうで、関東一の投手陣なら12点くらい取るかな?と思っていましたが7点しか取れなかったのであれば、中森からは取れても3点くらいでしょうか。
履正社は岩崎先発でしょうから明石商は4点取れなくはないと思います。
いずれにせよ中森が問題ない状況であれば4~5点取った方が勝ちかなと。

(2)中京学院大中京VS星稜
ツイッターでも書いたけど、文字数制限あるので細切れの文章で伝わりにくかったと思うので詳細を。
智弁和歌山戦で奥川が延長に入ってから150㌔以上を18球投げたとは報道であるのですが、初回から150㌔台連発していたので数えていたわけではないですが感覚で言えば9回までに150㌔以上を50球前後は投げたのではないか?(延長トータルで70球前後)
是はプロの先発投手ではありえない数字。
プロのローテーション任される投手達は次の試合(中4~5日)までに疲労を回復させなければならないので、1試合の中で全力投球はピンチの場面くらいしか出来ない(しかもプロの先発投手は殆ど7回くらいで降板)。
智弁和歌山戦での投球を見ていたプロの一流先発投手たちは多分全員「アンビリバボー」と思ったと思います。
と言う事は、中2日で疲労が抜ける訳がない程の投球をしてしまったからには、明日先発しても3割程度の出来で150㌔は数球計測するかもしれませんが死に球で、誤魔化しの投球しかできない。
中京はカットしたり待球戦法取ってくるでしょうし、纏めて点を取れると絶対的に自信を持っている7回8回あたりには奥川は確実に捉えられてしまう可能性が物凄く高いです。
と言う事で、明日は寺沢先発で萩原を挟んで接戦であれば奥川は7回から投入しか無い(寺西が順調ならお前に任せたで済んだんだが)。
折角ニューヒーローの今井が誕生し、内山も打ち出したのだから、明日も奥川以外の全員で打って勝つという戦法しかないと思うし、甲子園の女神もそれを期待していると思う。
で、勝ったとしても中4日で奥川先発させても万全の投球などできるはずがなく、智弁和歌山戦のような投球は無理ではあるけど、若いので7割程度の出来の投球は可能かな?と思います。
7割程度の投球が出来ないと、明石と履正社のどちらが出てきても勝てないというのが管理人の見立てです。
まあ明日は北陸の悲願達成の為に、星稜打線が気合で結構点を取ると思いますので、かなり打ち合うとは思いますが奥川抜きで星稜が有利かなと。


今日の寸評も甲子園特集と大学選手権特集の続きです。


土岐 尚史(米子東)投手 180・81 左・左 2年

投手としては初めて見ましたが、気になりましたので感想など。
いきなり打たれて、セットからの投球しか分からず。
セットから、膝を内に引き上げて、セカンド方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくは無いものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘はまずまず鋭角に使ってきましたが、肘をもっと前に出したいものです。
フィニッシュでは、膝が突っ張り気味となって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX136㌔を計測したストレートと、100㌔台のカーブと、120㌔台のスライダーと、120~130㌔台のスクリューは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、資質的には今年のエースを凌駕していると思いますので、今回の貴重な経験を活かして、欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ、来年中国地方を代表する左腕に化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。

片平 真(藤蔭)投手 183・81 右・右 3年

知らない番手の投手でしたが、少し気になりましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを大き目に利用して、インステップして、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくは無いものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
肘をもっと前に出したいものです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
3イニングをパーフェクトに抑えたので、クイックは不明です。
球種的には、MAX136㌔を計測したストレートと、120㌔台のカットボールと、110~120㌔台の縦スラは確認。
殆ど変化球しか投げなかったですが、いずれもまずまずだったとは思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の番手の投手にしては素材としては良いものを持っていましたので、地方の大学で欠点を矯正して行き、大きな体を活かしてストレートにももっと磨きをかけて行ければ大化けすると思います。
4年後に期待したいものです。

梶塚 彪雅(前橋育英)投手 177・76 右・右 3年

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくは無いものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔を計測したストレートと、120㌔台の縦スラと、120㌔台のカットボールと、120㌔台のチェンジアップと、100㌔台のカーブは確認。
ストレートは本来もう少し出るはずですが良くなかったですし、カーブの際に腕の位置が上がっては球種がばれてしまいます。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

杉崎 成輝(東海大相模-東海大)ショート 173・70 右・左 4年

大学では初めて見たような気がしますが感想など。
軽く開いて、グリップを体に近く顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から下半身を始動してホーム方向にトンと爪先を付いてから膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを下げてから上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内っぽいです。
インサイドはアウトにはなったものの強烈なファーストゴロを放ってきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはレフトに叩いてきますし、左中間を突破してきたケースも見られました。
甘い縦スラはバックスクリーンにHRを叩き込んで来ましたし、チェンジアップが甘くなると一塁線を突破してきます。
ただ低めの変化球は、空振りしたり引っかけてしまうケースが多かったのは残念。
また左腕のスライダーにはかなり厳しく、決勝では1年生の代打を送られる始末だったのは・・・・
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速い方ですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、社会人で欠点を矯正して行き、足も売りに出来るようになれば再び騒がれるようになると思います。
2年後に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月18日(日)23時43分57秒
  各校の初戦は全部見終わったので、毎年やってる勝手に選ぶベストナイン発表。
投手:奥川(星稜)
捕手:藤田(中京学院大中京)
一塁:近藤(八戸学院大光星)
二塁:中里(仙台育英)
三塁:大栄(仙台育英)
遊撃:松浦(富島)
外野:天井(広島商)桃谷(履正社)井上(履正社)
本当はショートが武岡(八戸学院光星)で外野の1枠は丸山(鶴岡東)にしようと思ったんだけど、ライブで見てちょっと荒が目に付いたので松浦(富島)と天井(広島商)に。天井は詳細は分からない部分もあるんだけど、かなり昨年よりも伸びていたし素材は抜群で今後更に伸びそう。

下級生ベストナイン発表。
投手:笠島(敦賀気比)
捕手:野呂田(秋田中央)
一塁:桜井(習志野)
二塁:池田(履正社)
三塁:小深田(履正社)
遊撃:岡本(米子東)
外野:横山(作新学院)元(中京学院大中京)井上(花咲徳栄)
ショートは異論がある人沢山いるだろうけど、日本人離れした将来性を重視して。


nobさん
こんばんは。
生観戦お疲れ様でございました。
レポありがとうございます。
浦学の三奈木は既に4番でエースなんですかあ。
サイズのある里は更に覚醒して花咲の井上とライバルとして大活躍して欲しものです。
栄の方はまたノーシードとは秋も厳しい戦いになりそうですね・・・
ブログの方は今読ませて頂きましたが、東海の高杉には期待していますがまだまだのようなのは残念ですが、立松が完全に覚醒してきたようなのは嬉しい限りですね^^
東海大の番手の素材の良いのを入部させているという部分は非常に気になりましたね。
佐藤は素材の凄さは分かっていますので、怪我を早期に完治させて欲しいものですね。


今日の寸評も甲子園特集と大学選手権特集の続きです。


野呂田 漸(秋田中央)捕手 170・74 右・右 1年

事前にかなり気になっていましたが、初めて見た感想など。
膝を折って重心低く、クローズに構えて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とした所から軽く足を浮かせてクローズに踏み込むスタイル。
グリップをかなり下げてから上げるタイプで、内への移動も見られます。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったものの、上記欠点とクローズの踏み込みでは厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
左腕の低めの変化球はアウトにはなったものの、膝を使ってセンターに打ち返してきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいる際には膝をつかない方で、ワンバウンドは止めてきます。
地肩は分からなかったですが、捕ってから素早く刺してきます。
と言う事で、確かに良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正していければ非常に面白いと思います。
まずは来年に期待したいものです。

長尾 駿弥(米子東)捕手 176・81 右・右 2年

センバツでは記憶にないですが、今回気になりましたので感想など。
クローズに構えて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始める所から膝を引き上げてから一旦足を降ろして爪先を付いて、投手が腰を落とし切った後から軽く足を浮かせてクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは少し甘いと140㌔台でも引っ張れます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
縦スラは現状拾えるほどではないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングには力感があります。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めては来ましたが、後ろに逸らしたケースも見られました。
肩に関しては、走って来ないと思っていたようで、送球が慌てて浮いてしまったので、本来の地肩は分からず。
と言う事で、かなり打撃は成長してきたと思いますので、今後欠点を矯正していければ大化けすると思います。
来年に期待したいものです。

岡本 大翔(米子東)ショート 189・88 右・右 2年

センバツでは気になっていましたが、さっぱりでしたが、今回別人のように良くなっていましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったものの、上記欠点とクローズの踏み込みなので厳しいのでは。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
縦スラが甘くなると引っ張り込んで捉えてきます。
カットボールが甘くなるとレフト線に物凄い当たりの長打を放ってきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングには力感が出ましたし、物凄く振り込んできた事が伺えます。
足は遅くは無いですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
デカイ体ですが守備の動きは悪くないですが、ポロッとしたケースも見られましたが、肩は投手として140㌔を投げるようなので地肩は良いのだと思います。
と言う事で、まだまだ欠点はあるものの、春からの進化と言う点では驚きましたので、今後更に欠点を矯正して行き、打撃以外にも売りを作れれば来年真のドラフト候補となれると思います。
期待したい選手です。

小郷 賢人(関西-東海大)投手 180・80 右・ 3年

何度も見てきましたが、今回も見れましたので感想など。
太腿を太くし過ぎた感は否めないです。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を伸ばして、上体が3塁側に傾いて、腰を落として、インステップ気味に、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘をもっと前に出したいものです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX152㌔を計測したストレートと、130㌔台の縦スラと、130㌔台のカットボールと、130㌔台のスプリットは確認。
いずれも一定レベル以上の代物でしたし、縦スラは良かったです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
痺れる場面で登板し、2者連続三振で切り捨てたりも見られましたが、打者を飲んでいる日もあれば、調子が良くないと無難な日もありましたが、この辺りは毎試合安定させたいものです。
と言う事で、期待した成長曲線には達してなかったのは遺憾ですが、良いものを持っていますので、欠点を矯正していければ騒がれるようになると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

埼玉南部地区夏季新人戦

 投稿者:nob  投稿日:2019年 8月18日(日)20時48分59秒
  管理人様、皆様、こんばんは。

甲子園真っ只中で、お盆休みの間は近場のOP戦や新人戦の方へ。まとめて書くのもあれなので、見にくいですがブログの方に興していますので、気が向けば・・。今日も浦和実-埼玉栄の試合を見に行く予定でしたが、諦めましたので・・(浦和実が10-4で勝ったそうです)。負けましたが埼玉栄の内田(2年)が145、6㌔出したそうで、やっぱり出てきたかという感じです。とはいえ、栄は南部地区予選ノーシードになったので、組み合わせ次第では浦学や浦実と当たる可能性もあるので、何とも言えないですね・・。浦実は逆に豆田を投げさせず勝っているので、秋季大会でも再び上位進出候補の1校として見て良いかもしれません。

日通に関しては、釘宮光希(立正大)が母校との試合で初回から9回まで145㌔前後(MAX149㌔)を投げ込み完投していました。春先が140㌔前後だったですし、入社してから一番良いボールを放っていた気がします。波が激しいのは相変わらずでしたが・・。諸見里匠(國學院大)は相変わらず守備は上手いですし、右に左に長打を打っていて1年で変わったなぁと。

大学勢で気になったのは、東海では千野啓二郎(4年・東海大相模)の打撃、打たれましたが高杉勝太郎(2年・東海大札幌)のストレートは目を見張るものがありました。先発の安里海(2年・東海大相模)は選手権ベンチ入り果たせずだったので、秋に期すものは大きいかなと思いますが、コントロールは良いのですがまだ球威不足という印象でした。最後に投げた原田泰成(4年・東海大望洋)はボールがいまいち走っておらず、個人的には社会人経てからの方がというのは選手権を含めて感じました。確かに下半身太いのはわかります。

東洋は村上頌樹(3年・智辯学園)はまだ5分くらいの印象で、秋のリーグ戦までに徐々にといった所。春のリーグ戦や代表での疲れはほぼ抜けているんじゃないかと。佐藤都志也(4年・聖光学院)は鋭い当たりもありましたが、物足りない印象でしたが・・。逆に4番を打っていた山崎基輝(3年・愛工大名電)なんかは春季ベストナインを取って自信をつけたか、村西から2安打と好調でしたね。

近大では怪我で出ていなかった佐藤輝明(3年・仁川学院)がDHで出場し、村上から弾丸ライナーのホームラン放ったのにはびっくりしましたし、同じ球場で見た原樹理(ヤクルト)から打った吉田正尚(オリックス)のホームラン以上の衝撃度がありましたね。あの打撃やスイングを見ると来年のドラ1も十分ありえそうかなと思う程でした。少なくとも上位候補として見られそうです。ただ、故障がまだ癒えきってないのかシートノックではファーストに入ってましたし、怪我の状態次第でしょう。まだ1年以上あるのが幸いでしょうか。先発した村西良太(4年・津名)はストレートのエグさは相変わらずでしたが、東都の優勝チーム相手だと粘ってくる打者が多く簡単に打ち取れず、2巡目以降は苦心していました。決め球の部分がまだ足りない所なのかもですね。4番を打っていた竹村陸(4年・神戸国際大附)も村上の球には最初から対応していて流石でした。逆に谷川刀麻(4年・星稜)はちょっと物足りなかったですね。

立正では小林俊輔(1年・水戸商)と増永光希(1年・啓新)の打撃、赤川諒(4年・弘前学院聖愛)のストレート、立松由宇(3年・藤代)の肩と打撃が本格化してきている印象でした。特に立松は春のリーグ戦でも終盤戦は長打連発していましたし、来年に向けて面白い存在になるかもですね。

■日本通運×東海大
http://nob0149.blog.fc2.com/blog-entry-1909.html
■東洋大×近畿大
http://nob0149.blog.fc2.com/blog-entry-1910.html
■日本通運×立正大
http://nob0149.blog.fc2.com/blog-entry-1912.html


●埼玉南部地区夏季新人戦 19/8/15 市営浦和球場
西武台
000 000 000=0 H5 E1
000 020 03x=5 H9 E0
浦和学院
西:増田-伊澤
浦:三奈木-吉田瑞
本塁打 里、藤井(浦)
二塁打 松嶋、樋口(浦)
5回裏 2番里の2ラン。
8回裏 7番藤井の3ラン。

2年ぶりに埼玉の夏季新人戦を見に行きましたが、秋季大会と違って秋季大会の地区シードがかかるちょっとだけ重要な大会なのですが、埼玉高野連主催というわけではないので、公式戦なんだけど公式戦じゃないというちょっとややこしい感じがまた・・。事前に見る事が出来るのでありがたいですけどね。

この1年悔しい思いをし、復活を期す浦和学院と春季大会8強で夏はCシードだった西武台の好カードを見に行きました。ただ、この試合の途中にOP戦見に行ったので、この試合自体は4回までしか見ていません。中盤まで浦和学院・三奈木亜星(1年)、西武台・増田優真(2年)の投手戦となりますが、5回に2番里飛鳥(2年)のホームランで先制。8回には7番藤井一輝(1年)のダメ押し3ランで追加点をあげ、投げては1年生・三奈木が5安打完封し、まずまずのスタートを切りました。

浦学は1年生6人がスタメンという若いチームでした。しかも、森さんが厳しいまなざしで見ていてですから、秋もおそらくこのメンバーでいくのかと・・。本当は上級生にもっと入ってほしい所なんでしょうけどね。1年生クリーンアップを務めた3番松嶋晃希(1年)、4番三奈木、5番吉田瑞樹(1年)が存在感を見せる中、夏のレギュラーだった186cmの大型センター・里の能力の高さは本物でした。実戦を積み重ねる中でどう伸びていくか楽しみです。そして山口東シニア時代から実績のある三奈木ですが、1年秋で4番・投手ですから、よっぽど能力は抜けているのだなと思いますけども、そのセンスの片鱗を感じさせる内容でした。投手としてはオーソドックスなフォームで目測でストレートは135㌔前後くらいと特段抜けているわけではないですが、何よりマウンド捌きは相当場慣れしてますし、3ボールにしても落ち着いてコースにしっかり投げ分ける制球力もあります。背番号1を託すだけのメンタルも持ち合わせていますね。打っても夏に代打で豆田泰志(浦和実2年)からヒットを打つなど実績もあるように、打撃センスもあり今後が楽しみな選手です。守ってもショート・樋口結希斗(2年)の好守は大学・社会人にも負けない守備でもり立て、異彩を放っていました。出来れば秋はもう1回くらい見て、美又王寿(2年)あたりは見ときたいなぁと思います。ただ、三奈木の1番を見るに立場的には難しいのかも・・。

西武台は旧チームからスタメンは4番松木光(2年)が野手で唯一残り、投手陣は増田、井原壮志(2年)の左右の投手が残ってこの秋も力を示せそうな陣容でした。増田は左腕から球威のあるストレートを軸にコントロールにもそこまで不安がなさそうなのが好感。ランナーを出しても粘り強い投球で中盤までゲームを作れた所を見ても秋季大会でも力を見せそうです。捕手の伊澤を筆頭に体格の良い選手もいて中々面白いチームでした。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月17日(土)23時44分41秒
  今日の寸評も甲子園特集と大学選手権特集の続きです。


能登 嵩都(旭川大高)投手 183・71 右・右 3年

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を高く内に引き上げて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
左腕の使い方は悪くは無いものの、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は早い。
腰が開く欠点は大分改善してきたのは好感。
テイクバック大きくは無いものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX143㌔を計測したストレートと、120~130㌔台の縦スラと、110~120㌔台のチェンジアップと、120㌔台のカットボールと、110㌔台のカーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず期待した成長曲線には達していましたので、大学で更に欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ面白いと思います。
4年後に期待したいものです。

脇田 悠牙(旭川大高)センター 175・71 右・右 3年

昨年もどうしようか迷って何も書かなかったですが、伸びていましたので感想など。
略スクエアに構えて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、かなりの内への移動も見られます。
インローは甘いと引っ張ってきましたが、上記欠点とクローズの踏み込みなのでコースに決まると厳しいと思います。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは甘いとライトに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は遅くは無いですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、全国NO1の奥川から結果も残しましたし、かなり伸びてはいましたので、地方の大学で欠点を矯正して行き、打撃以外にも何か売りを作っていければ面白いと思います。
4年後に期待したいものです。

松平 涼平(秋田中央)投手 174・68 右・右 3年

事前に少し気になっていましたが、初めて見た感想など。
振りかぶって、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくは無いものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味となって、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX138㌔を計測したストレートと、120㌔台の縦スラと、120~130㌔台のカットボールと、110㌔台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず良いものは持っていましたので、大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

串畑 勇誠(広陵-東海大)サード 183・72 右・右 3年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
開いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。
グリップの内への移動も見られます。
インサイドは詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
低めの変化球は膝を使って拾ってきたケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
足は遅くはないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後欠点を矯正していければ化けれると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月16日(金)23時44分1秒
  今日の寸評も甲子園特集と大学選手権特集の続きです。


天野 海斗(霞ヶ浦)サード 171・68 右・右 3年

知らない選手でしたが、かなり気になりましたので感想など。
略スクエアに構えて、膝を折って重心低く、グリップを体に近く顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げた所から軽く足を浮かせて大きく回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップの内への移動は無いタイプです。
インサイドのストレートはレフトスタンドにHRを叩き込んで来ましたし、左腕のスライダーが甘くなると左中間を突破してきます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートは投手を強襲してきます。
落ちるボールの良いサンプルが無かったので、膝を柔軟に使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さはあまり変わらないので、ミスショットは少ないです。
振り切ってくるスイングには力感がありました。
足は遅くは無いですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、無名の選手にしては中々良いものを持っていましたので、大学で欠点を矯正していければ面白いと思います。
4年後に期待したいものです。

斉藤 来音(静岡)ライト 180・77 右・左 3年

2年生の時も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップの内への移動は許容範囲内です。
インサイドのカットボールは厳しいようです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
縦スラは甘いと引っ張って捉えてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングには力感があります(下級生時代のスイングよりもおとなしくはなった)。
足は速い方で、ストレートの際に盗塁も決めてきます。
守備範囲は広かったですし、肩も良かったです。
と言う事で、まずまず順調に成長はしてきたと思いますので、大学で技術に更に磨きをかけて、打撃以外も更に高いレベルに達すれば上の扉が開くと思います。
4年後に期待したいものです。

松本 蓮(静岡)投手 179・69 左・左 2年

事前に少し気になっていましたが、初めて見た感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターから投げ込んでくる。
右腕の使い方は悪くなかったですし、引き込みも抑えられています。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるもののやや早い。
テイクバック大きくは無いものの、着地がやや早いことから結果として上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはまずまずしてきます。
球種的には、MAX135㌔を計測したストレートと、110㌔台のスライダーと、100㌔台のカーブと、120㌔台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、無名の番手の投手にしては中々良いものを持っていましたので、体つくりを行って、兎に角ストレートに磨きをかけ続けて行ければ来年ブレイクすると思います。
期待したい投手です。

松山 仁彦(東邦-東海大)投手 177・80 左・左 3年

大学では初めて見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って止まり加減に溜めて、セカンド方向を蹴って、上体が1塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、サイドスローよりもかなり上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘はまずまず鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
また肘をもっと前に出したいものです。
フィニッシュでは、膝が割れて、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この投法ではグラブの抱え込みは必須です。
球種的には、MAX144㌔を計測したストレートと、100~120㌔台のスライダーと、120㌔台のカットボールと、110~120㌔台のチェンジアップは確認。
いずれもまずまずだったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後更に欠点を矯正していければ大化けすると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月15日(木)23時47分24秒
  今日から寸評はそろそろやらんと拙いので甲子園特集を開始し、大学選手権特集の続きです。


山口 伶生(誉)投手 173・75 右・左 3年

事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を高く内に引き上げて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを大き目に利用して、インステップして、サイドスローとスリークウォーターの中間よりも下から投げ込んでくる。
左腕を低い位置で使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくは無いものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに大きく流れて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX139㌔を計測したストレートと、120㌔台のカットボールと、120㌔台の縦スラは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、まずまず良いものは持っていましたので、大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

中村 一翔(佐賀北)レフト 180・78 左・左 1年

事前に数字上から何となく気になっていましたが、初めて見た感想など。
気持ち開いて、グリップを胸よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げた所から下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、投手が腰を落とし切った後から軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
落ちるボールは見極めて振らないので、膝を使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは1年生にしては力感がありましたが、ミスショットはかなり多かったです。
守備はイージーなものしか無く、肩と共に不明です。
足は速いですし、アウトにはなったものの隙をついた紙一重の好走塁はしてきます。
と言う事で、良いものは持っていましたので、この貴重な経験を今後活かして欠点を矯正して行き、打撃以外にも絶対的な売りを作っていければ面白いと思います。
まずは来年に期待したいものです。

佐藤 辰憲(石見智翠館)投手 180・80 右・右 2年

事前に気になっていましたが、初めて見た感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、かなりインステップして、スリークウォーターよりも少し下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくは無いものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX135㌔を計測したストレートと、120㌔台のカットボールと、120㌔台の縦スラと、110㌔台のチェンジアップは確認。
ストレートは本来140㌔超を計測するようですが、甲子園ではあまり良くなかったですが、変化球はまずまずだったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、資質的には良いものを持っているのは理解できましたので、今回の貴重な経験を活かして欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ大化けすると思います。
来年に期待したいものです。

原田 泰成(東海大望洋-東海大)投手 180・92 右・ 4年

何度も見てきましたが、今回も見れましたので感想など。
太腿が更に無駄に太くなったようです・・・
振りかぶって、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも少し上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに大きく流れて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
牽制を入れて、クイックもしてきます。
球種的には、MAX148㌔を計測したストレートと、120~130㌔台の縦スラと、130㌔台のフォークと、110㌔台のカーブと、130㌔台のカットボールは確認。
ストレートは本来もう少し出るのでしょうが、変化球はまずまずだったと思います。
コントロールもまあまあ纏めては来ましたが、逆球や甘いのも多かったです。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですし、下半身を太くし過ぎて伸び代もあまりない部分はどうなのか?とは思いますが、欠点を矯正して、秋に活躍できれば指名圏内ではあるとは思います。
死ぬ気で努力して自分の進路をこじ開けて欲しいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月14日(水)23時45分42秒
  今日の寸評も南北海道特集と大学選手権特集の続きです。


岩田 永遠(北海)投手 186・90 右・右 3年

地区予選でも見ましたが、南北海道大会と合わせて感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴って、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローとスリークウォーターの中間よりも上から投げ込んでくる。
腕の位置が上がるケースもあり、リリースポイントがまだ一定していないのは気になりました。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX145㌔弱くらいのストレートと、縦スラと、カーブと、スプリットは確認。
ストレートは南大会では速くなりましたが、変化球の際に腕の位置が上がるのはどうなのか。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、素材としては凄いものを持っていますので、大学で欠点を矯正していければ騒がれるようになると思います。
4年後に期待したいものです。

辻本 倫太郎(北海)ショート 167・68 右・右 3年

春も見ていましたが、感想など。
略スクエアに構えて、バットを一握り余して、グリップを耳よりも下の高さにセットし、バットを担いでヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、リリースポイントから軽く足を浮かせてクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったものの、上記欠点とクローズの踏み込みなので厳しいと想定します。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りの低めのストレートは左中間を突破してきます。
左腕の外の変化球はライトに拾ってきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速い方ですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
今年の北海道のショートの中では一番うまいのですが、南大会ではグラブ捌きにはやや粗さも出てしまったのは如何なものか。
性格的にはチームがピンチの際に力を発揮する闘争心のあるタイプです。
と言う事で、小柄ではありますが良いものは持っていましたので、大学で欠点を矯正していければ大化けすると思います。
4年後に期待したいものです。

木村 大成(北海)投手 178・69 左・左 1年

春に見て驚いた投手でしたが感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて上体も少し捻って溜めて、セカンド方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、アウトステップ気味に、スリークウォーターから投げ込んでくる、変な癖の少ない美し目のフォームです。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
ランナーを出した際に、肘の位置が下がるのは気になります。
球種的には、MAX135㌔ちょっとくらいのストレートと、2種類のスライダーと、チェンジアップは確認。
いずれも1年生にしては良かったです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、かなり良いものを持っていましたので、今後徐々に欠点を矯正して行き、ストレートにも磨きをかけ続けて行ければ騒がれるようになると思います。
まずは秋に期待したいものです。

前田 一希(奈良朱雀-東農大オホーツク)投手 185・85 右・ 3年

高校時代に感想を書きましたし、春に生でも少し見ていましたが、選手権の模様から感想など。
プレートの1塁側を踏んで、ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローとスリークウォーターの中間くらいから投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この投法ではグラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX139㌔を計測したストレートと、110~120㌔台の縦スラと、100㌔台のカーブは確認。
ストレートはもう少し出そうな感じですが、肘を立てなくてもカーブが投げれるのは珍しいタイプです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ化けれると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月13日(火)23時46分58秒
  明日の見どころなど。

(1)鳴門VS仙台育英
仙台が圧倒的に有利だと思います。唯一の不安は初戦打ち過ぎた事によって大振りになると鳴門の左腕の術中に嵌る可能性も。
仙台の大栄は明日の左腕も全く苦にしなければひょっとするかも?

(2)習志野VS鶴岡東
鶴岡は予想以上に良いチームだったが、初体験の美爆音と足技に耐えれるかどうかと、最後出てくる飯塚から点取るのは中々厳しいからなあ。
鶴岡の河野は明日の活躍如何で人生変わるかもしれないですね。

(3)関東一VS熊本工
そこそこの点の取り合いの接戦になるでしょうね。関東の土屋は初戦良くなかったようなので修正してれば、押さえの谷がいる関東有利では。


好投手さん
こんばんは。
ベストナインは今年は3パターンで記載したいと思ってます^^
北照も旭川大も相手が悪かっただけで、普通のチームになら勝てたんですが籤運はキャプテンが悪い(爆)


今日の寸評も南北海道特集と大学選手権特集の続きです。


帯川 瑠生(国際情報)投手 173・70 左・左 3年

事前に名前は聞いていましたが、初めて見た感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、上体も少し捻って溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりもかなり下から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたが、肘から先を立てては使えないようです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX135㌔ちょっとくらいのストレートと、スライダーと、チェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、地方の大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きを掛けて行ければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

原田 航介(国際情報)投手 180・69 右・左 2年

事前にかなり気になっていましたが、初めて見た感想など。
プロフ通りかなり下半身が細いです。
プレートの1塁側を踏んで、ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴るようにして足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、お辞儀して、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れてしまうのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX135㌔くらいのストレートと、縦スラと、カットボールと、カーブと、チェンジアップは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
連投とかで疲れていない場合には、コントロールに関してはかなり良く、3ボールになっても平気で際どい所に投げ込んで来ますし、2年生の本格派でここまでコントロールが良い投手は初めて見ましたね。
と言う事で、素材としては中々だと理解しましたので、体つくりを行って、欠点も矯正しつつ、ストレートにもっともっと磨きをかけて行ければ来年北海道を代表する右腕が誕生すると思います。
まずは秋に期待したいものです。

宮下 朝陽(北海)サード 180・78 右・右 1年

地区予選でも見ていましたが、全道大会でも見れましたので感想など。
軽く開いて、グリップを体に近く顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げ始める前に下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、投手が腰を落とし始める所から更にホーム方向に爪先を付いて、投手が腰を落とし切った後から軽く足を浮かせてクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドには上記欠点とクローズの踏み込みなので当然詰まってしまいます。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは甘いとレフト線に長打を放ってきます。
低めの縦スラは膝を使ってセンターに拾ってきたケースも見られました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずですが、打撃が身体の割には小さいのは気になりましたね。
足は遅くはないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備の動きは良かったですし、スローイングも安定していました。
と言う事で、素材としては良いものを持っていますので、今後徐々に欠点を矯正して行き、強打者スタイルに変貌していければ面白いと思います。
まずは秋に期待したいものです。

榎本 竜成(流経大付-東農大オホーツク)DH 177・84 右・右 4年

全く知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ちクロースに構えて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とした所から軽く足を浮かせて回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動は許容範囲外っぽいです。
インローの左腕のスライダーは掬い上げてレフトスタンドにHRを叩き込んで来ますし、甘いストレートはセンターに叩いてきましたが、グリップの内への移動を緩和できれば確実に引っ張れるようになると思います。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
縦スラは引っ張って捉えてきたケースも見られました。
チェンジアップが甘くなるとレフトスタンドにHRを叩き込んで来ます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は無難のようです。
守備はDHなので本来どこを守れるのか不明です。
と言う事で、今大会の活躍によって自ら将来の扉をこじ開けたと思いますので、社会人で欠点を矯正して行き、守備も外野辺りでそこそこ売りに出来るようになれば化けれると思います。
2年後に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

(無題)

 投稿者:好投手  投稿日:2019年 8月13日(火)08時31分5秒
  おはようございます、早々にお返事ありがとうございます。

鶴岡東の河野と影山
ですね了解しましたφ(..)

またお時間ある時に管理人さんの選ぶベストナインも宜しくお願い致します(^-^)v楽しみにしております♪


先にも書きましたが北海道勢、桃枝も良かったですし、旭川大の能登‐持丸バッテリーは全国の舞台でもう少し観たかったです☆☆
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月12日(月)23時52分40秒
  明日の見どころなど。

(1)履正社VS津田学園
誰が考えても前VS履正社の打線でしょう。前は鈴木とはタイプが違うので履正社もこの間のようには行かないとは思いますが、津田の打線も前川くらいだからなあ。

(2)星稜VS立命館宇治
多分星稜は次の試合を見据えて奥川は先発させないでしょうが、星稜も打てないのはセンバツから変わってないのでロースコアの接戦でしょうね。ただ終盤奥川も出てこざるを得なくなりそうな気はする。

(3)智弁和歌山VS明徳義塾
馬渕さんは色々仕掛けて来るでしょうが、今年の明徳の投手陣では智弁を抑えることは無理でしょうね。

(4)國學院久我山VS敦賀気比
今日録画で見た久我山の初戦のあのチャンテは耳にまだ残ってるけど、笠島は初戦も4試合目だったし同じリズムで投げれるし、気比が有利でしょう。ただMAX133㌔のストレートと110~120㌔台の縦スラのみで前橋育英は何故最後まで捉えられなかったんだろうな?と言う不思議な高下と言う投手は不気味ではある。


好投手さん
こんばんは。
早いベストナインですね。
管理人は日曜日位に発表できるかな?と思っていますが。
隠し球的な選手で言うと、鶴岡東のショートの河野と投手の影山でしょうか。
見れた中で面白いのがいたらまた教えてください。

名無しやんさん
こんばんは。
モチマールは4打席中1打席目は完敗でしたが、奥川も思っていると思いますが2打席以降は全部モチマールの勝ちでしたね。
奥川の心に残ったと思いますよ。
有馬は打撃は伸びた訳ではないので、書かれている通り4番が重荷だったと思いますが、他にいませんからねえ。
住谷は大学経由の方が良いような気がします。


今日の寸評も南北海道特集と大学選手権特集の続きです。


大宮 昴汰郎(札幌第一)ライト 178・85 右・右 3年

2年生の時も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
気持ちクローズに構えて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプで、内への移動も見られます。
インサイドには上記欠点とクローズの踏み込みなので、当然ドン詰まってしまいます・・・
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外寄りのストレートは引っ張り込んで三塁線を突破してきます。
外寄りのカットボールも引っ張り込んで左中間にHRを叩き込んで来ます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングには力感があります。
足は遅くはないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。
守備はイージーなものしか無く肩と共に不明です。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、地方の大学で欠点を矯正して行き、打撃以外にも何か売りを作っていければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

村田 凛(札幌第一)捕手 179・93 右・左 3年

センバツでは肩の故障からファーストでしたが、夏は捕手に戻っていましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを体に近く耳よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、リリースポイントから軽く足を浮かせて気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップの内への移動は許容範囲内っぽいです。
インサイドは、140㌔台のインハイが甘いと詰まりながらレフト前に落としてくる程度です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートはセンターに叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
落ちるボールの良いサンプルが無かったので、膝を使って拾えるのかどうかは不明です。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングには力感があります。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいても膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めては来ましたが、後ろに逸らしたケースも見られました。
肩はまずまず良いですが、コントロールの精度は上げたいものです。
と言う事で、期待した成長曲線にはやや達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正していければ大化けすると思います。
4年後に期待したいものです。

西原 健太(札幌大谷)投手 183・91 右・右 3年

昨年以来に見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を伸ばして、上体が3塁側に傾いて、軸足のクッションを利用して、インステップして、サイドスローとスリークウォーターの中間よりも結構下から投げ込んでくる。
故障後にかなり腕の位置を下げたようです。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきましたし、肘から先を立てて使えるタイプです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れてしまうのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔ちょっとくらいのストレートと、縦スラと、カットボールと、チェンジアップと、カーブは確認。
ストレートはホップする代物でしたし前よりも良くなりましたし、変化球もまずまずだったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、センバツでは故障して投げれず、その後にフォームを変えて復活してきましたが、期待した成長曲線には達していなかったものの、良いものは持っていますので、大学で欠点を矯正していければ騒がれるようになると思います。
4年後に期待したいものです。

高田 耀之(佐久長聖-東農大オホーツク)レフト 178・78 右・右 3年

知らない選手でしたが、気になりましたので感想など。
気持ち開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げた所から自身も膝を引き上げて行き回しこんで踏み込むスタイル。
グリップを上げてから下げるヒッチ打者で、内への移動も見られます。
インサイドは甘いと詰まりながら左中間を突破してきましたが、グリップの内への移動を緩和できれば確率は上がると思います。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足で踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。
外のストレートはライトに叩いてきますし、外の高めのストレートはセンターに叩いてきます。
外寄りのストレートは引っ張り込んで捉えてきます。
左腕の低めの変化球は膝を使って引っ張って捉えてきたケースも見られました。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
足は速く、左腕のストレートの際にモーションを盗んで盗塁を決めてきます。
守備範囲は広かったですが、肩はサンプルが無く不明です。
と言う事で、無名の選手にしてはかなり良いものを持っていましたので、今後欠点を矯正していければ大化けすると思います。
来年に期待したいものです。

明日もお楽しみに。
 

(無題)

 投稿者:名無しやん  投稿日:2019年 8月12日(月)22時02分13秒
  旭川大高は、奥川に0.3泡くらい吹かせられたと言えなくもないですね。
モチマールは1安打放って何とか意地は見せられたようです。
能登は、ツィッター上で桐蔭横浜大に進むなどという噂が出ておりますが、
変化球に依存しがちな今の投球スタイルでは徐々にしんどくなっていくと思います。

近江に関しては色々と思うことはあるのですが、有馬は4番が守備の重荷になったかなと思いますし、
土田リュークは東海大相模の機動力攻勢にパニックになったのでしょうが、また秋からの新チームでイチから出直しなのでしょうし、
住谷は社会人に進むようですが(東海REXあたりか)、スペック的に近本と似ているような気もしますので、プロ入りは近本コースでワンチャンスがありますかねえ。
後、林も社会人に進むとの事ですが、今の球の遅さと体の細さでは、福本翼(大阪桐蔭→青学大→東芝)路線で生き残りを図るしかないと思います。
 

(無題)

 投稿者:好投手  投稿日:2019年 8月12日(月)21時33分9秒
  お久しぶりですm(__)m

ちょいちょい仕事が忙しく、中々満足して夏も野球を観れてないですが‥
今日行われていた八戸学院光星と智弁学園は素晴らしかったですね☆☆
全てのチームが初戦を終えたので、初戦終了時点で観れた試合の中から勝手に選ぶベストナインを(笑)

投 笠島(敦賀気比)二年
捕 東妻(智弁和歌山)

二 坂下(智弁学園)
※今夏遊撃手にコンバートされたけど元々はセカンド
三 重宮(明石商)
遊 武岡(八戸学院光星)
左 前川(智弁学園)1年
※兄で津田学園で4番打ってる前川夏輝も○
中 橋本(花咲徳栄)
右 徳丸(智弁和歌山)1年

ショートは
松浦(富島)
韮沢(花咲徳栄)
も良かったですし、
履正社の井上
星稜の奥川
習志野の飯塚
明石商の二年生コンビ中森・来田
辺りはドラフト候補として流石な活躍をしてました。

北照の桃枝
なんかも印象に残りましたね良い選手だなと♪

明日以降も中々通して観る事が出来ないですが、引き続き楽しみたいと思います♪隠し玉的な選手はいますかね?
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月11日(日)23時45分21秒
  明日の見どころなど。

(1)宇和島東VS宇部鴻城
宇和島の投手陣に全てが掛かっていると思います。池村からそんなに打てないと思うので2点以内に抑えれれば可能性も。
宇和島:船田2年、和田2年、土居2年、村上
宇部:△池村、△田中、酒井、△岡田

(2)海星VS聖光学院
どちらもそんなに打つチームではなさそうなので、ロースコアの守りあいでしょうか。
海星:△松尾倫、太田、江越2年
聖光:△須藤、三原

(3)智弁学園VS八戸学院光星
智弁の1年生の西村と小畠が如何に八戸打線を6点くらいまでに抑えられるかどうかが全てでしょうね。かなり点の取り合いになるような気がしますね。
智弁:△西村1年、小畠1年、佐藤2年、△坂下、塚本、△前川1年

(4)神村学園VS高岡商
初戦の模様は見たけど、投手力は神村が上でしょうが、如何に森田と井林と1年の石黒を抑えれるかが勝負のポイントだと思いますね。


nobさん
こんばんは。
来年プロ狙えるのは井上のみですかあ・・・
井上ざっくり見てた限りでは技術的には成長していましたが、肩も良いのですか^^
まあ今日は中森調子よくなかったのに打ち負けたのはちょっと残念でしたが・・・・・
選手紹介ありがとうございます。
山村の橋本と言うのはプロ注のようなのでかなり興味がありましたが、平野と言うのは知らなかったですがよさげなので冬に成長して井上のライバルとなって欲しいですね^^
東京の方は創価には2年生の投打の軸が残るんですね。
日大三と帝京が最近絶対的ではなくなってきましたし、新チームはどこが覇権を握るのか気になりますが。


今日の寸評も南北海道特集と大学選手権特集の続きです。


山田 翔太(札幌第一)投手 177・80 右・右 2年

昨年も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
またもっと肘を前に出したいものです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
リリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX135㌔ちょっとくらいのストレートと、縦スラと、カットボールは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったというか、サードとの兼任と言う部分がネックでしたが、新チームからはエースとなるのでしょうから、本格的に投手として欠点を矯正して行き、ストレートにも磨きをかけ続けて行ければ大化けすると思います。
まずは秋に期待したいものです。

西正 真也(札幌第一)ライト 182・87 左・左 2年

春に初めて見て気になりましたが、感想など。
開いて、投手がモーションに入る所から下半身を始動してホーム方向に爪先を付いて、グリップを顎よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、リリースポイントから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
インサイドは甘いとセンターに叩いてきますが、肘を畳んで引っ張れるようになりたいものです。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
外のストレートは左中間に叩いてきます。
落ちるボールは現状拾えるほどではないようです。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングは力感がありましたが、左投げ左打ち特有の捏ねやすさも見られました。
足は無難のようです。
守備はイージーなものしか無く、肩と共に不明です。
と言う事で、無名の選手にしては良いものを持っていましたので、今後徐々に打撃の欠点を矯正して行き、打撃以外にも何か売りを作っていければ化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。

畠山 和明(札幌第一)投手 178・78 左・左 3年

昨秋から何度も見てきましたが、何も書いていなかったので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、セカンド方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも上から投げ込んでくる。
右腕を下から上に使って、引き込みはやや早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘をもっと前に出したいものです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
球種的には、MAX135㌔くらいのストレートと、縦と横のスライダーと、カーブは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、地方の大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ化けれると思います。
4年後に期待したいものです。

中村 亮太(千葉経大付-東農大オホーツク)投手 185・75 右・ 3年

高校時代以来に見れましたので感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、左足を伸ばさずに、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも少し上から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、肘が必要以上に背中側に入って、着地が早いことも相まって上体も必要上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘をもっと前に出したいものです。
フィニッシュでは、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
リリースポイントのかなり前から、軸足がプレートから離れるのは気になります。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX151㌔を計測したストレートと、120㌔台の縦スラのみ確認。
ストレートは速かったですし、縦スラもまずまずだったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線には達していなかったのは遺憾ですが、良いものは持っていますので、今後更に欠点を矯正して行き、縦スラ以外の絶対的な変化球も習得できれば大化けすると思います。
来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

2019年選手紹介⑧

 投稿者:nob  投稿日:2019年 8月11日(日)21時08分5秒
  管理人様、皆様、こんばんは。

徳栄は負けましたが、昨秋、今春の苦しみを考えるとよくここまで頑張った方かなと。やりようによっては勝てる試合だったと管理人様同様私も感じましたが、今夏に限らず、ここ数年の徳栄は1~3回に得点して逃げ切る事がほとんどなので、そこで0点という時点で厳しいかもなと感じましたね。投手に関しては4点は監督さん的に許容範囲内だと思いますので、5点取れなかった時点で負けかなと。高森や井上には良い経験になったと思いますし、埼玉他校にとっては秋も脅威に違いないでしょうね。

選手紹介東西・東京編でラストです。甲子園組は再びお任せしますと・・(爆)。西は今年は菅生が有力でしたが、ここ一番で打てずというのが昨秋から続いてしまいましたね。三高も同じくですか・・。創価は去年の方が評判良かったはずですけども、左右の好投手は良かったですし、森畑は秋以降注目されるかもですね。上野学園の赤坂は評判通りでしたが、変化球投げる際は意図してやっているのかちょっと気になりますね。今回の快進撃でどういう道を進むのか興味深いですが・・。


赤坂 諒(上野学園)投手 186・83 右・右 3年

常時セットでスリークォーターから140~145㌔前後(MAX147㌔)のストレートと125㌔前後のスライダー・カーブ・チェンジアップを投げます。ストレート中心ですが、試合の後半でも145㌔前後をたたき出す馬力とスタミナは抜けています。変化球を投げる際、サイド気味に投げる事もあります。次のステージでの活躍に期待したいです。


藤咲 輝(上野学園)サード 176・87 右・右 3年

スクエアスタンスに構え、グリップは頭の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が腰を落とす前に足を上げ踏み込むスタイルです。思い切りの良いスイングが印象的でした。守備の反応は良かったです。次のステージでの活躍に期待したいです。


吉田 大晟(都小山台)捕手 180・84 右・右 3年

旧チームから主力でこの夏は4番・捕手でした。オープンスタンスに構え、グリップは耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながらタイミングを計り、投手が腰を落とすと同時に踵を上げ踏み込むスタイルです。赤坂(上野学園)のストレートにも振り負けず、スイング力もこの1年で伸びました。肩も強いですし、リード面でも相手によって思い切ったリードを仕掛けます。次のステージでの活躍に期待したいです。


上江洲 礼記(都小山台)サード 182・100 右・右 2年

クローズスタンスに構え、グリップは耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながらタイミングを計り、投手が腰を落とすと同時に踵を上げ踏み込むスタイルです。体格の通り、スイングが早く、打球も鋭い強打者です。守備もサイズの割に動けるファインプレーもしていました。秋以降の活躍に期待したい選手です。


瀬崎 絢(日大豊山)投手 180・90 右・右 3年

常時セットでサイドスローから135㌔前後(MAX137㌔)のストレートとシンカー、スライダーを投げます。ストレートは重さのあるタイプで、ゴロで打たせてきます。次のステージでの活躍に期待したいです。


新倉 寛之(東海大菅生)投手 172・67 左・左 2年

常時セットでオーバースローとスリークォーターの中間くらいから130㌔前後(MAX134㌔)のストレート、115㌔前後のカーブ、120㌔前後のスライダーを投げます。淡々とコースに投げ分けてくるタイプです。秋以降の活躍に期待したい選手です。


宮原 光夫(創価)ファースト 178・78 右・両 2年

両打ちですが、左打席に入る事が多いです。スクエアスタンスに構え、グリップは首の高さにセットし、ヘッドを動かしながらタイミングを計り、投手が腰を落とすと同時に足を上げ踏み込むスタイルです。外の球を逆方向に長打し、センターから左への打球の強さが印象的です。秋以降の活躍に期待したい選手です。


古川 風勝(創価)投手 170・68 左・左 3年

ノーワインドアップでオーバースローとスリークォーターの中間くらいから135㌔前後(MAX140㌔)のストレート、110㌔前後のカーブ、120㌔前後のスライダーを投げます。ストレート中心で調子が良い時はそのストレートでガンガン押してきます。普段はセンターを守るように身体能力も高いです。次のステージでの活躍に期待したいです。


森畑 侑大(創価)投手 183・73 右・右 2年

常時セットでオーバースローから135㌔前後(MAX139㌔)のストレート、110㌔前後のカーブ、120㌔前後のスライダーを投げます。フォーム的には癖もなく、角度もあり強気に攻めるスタイルです。秋以降の活躍に期待したい選手です。
 

2019年選手紹介⑦

 投稿者:nob  投稿日:2019年 8月10日(土)21時35分33秒
  管理人様、皆様、こんばんは。

明日の徳栄明石商は4:6くらい明商かなぁと感じますが・・。中森でも、中森先発じゃなくても徳栄の打線ならそれなりに打てると思いますが、それ以上に失点すると思います。キーマンは2番橋本、5番羽佐田、7番田村、後はリリーフで出てくると思われる高森の出来次第でしょうか。中津原一人ではまずもたないと思いますね。井上vs中森は互いに2年の現時点でどのレべルか格好の指標になりそうですね。

選手紹介は埼玉ラストです。徳栄勢は管理人様にお任せを(爆)。山村学園はもう数人載せようか迷いましたが、今回はこの3人までで。ここも近い内には全国に届くのではないかと。小泉は小さいですが、その内雑誌にも載りそうですし、平野に関しては来年度の埼玉でもトップクラスの打者として注目されると思います。昨秋や今春も高打率を残しており、バランスのとれたグッドプレーヤーですね。浦実は豆田もですが、この竹内の成長が3季活躍出来た要因かと。今年の埼玉を代表する捕手でした。この3人が抜けるので打力面は不安ですが、毎年下級生で誰かしら出てくると思いますし、複数投手は毎回作っていますので豆田以外に上手く投手運用してくると思います。共栄はセンバツではダメでしたが、平尾、石崎あたりは県大会でも当たっていましたね。3年生が一気に抜けますが、平尾以外にもう一人軸になりそうな選手が出てくるとまた上がってくるでしょう。流石に村田クラスの投手はいないと思いますが、左腕の菊地翔(175・63 左・左 2年)はそこそこまとまった投手なので期待したい所です。

秋以降の埼玉で注目選手はこのあたりかと。高卒プロも意識できそうなのは現時点だと井上ただ一人でしょうか。後、井上は外野で凄い強肩ぶりを見せていて驚きました(県大会でも2,3回刺してましたかね)。飯島(東農大三)のような活躍を期待したいのは、北田あたりですかね。チームとしてはそろそろ聖望の躍進も期待したいかなと。
■投手
美又(浦和学院)
高森(花咲徳栄)
豆田(浦和実)
小泉(山村学園①)
内田(埼玉栄)
田村(埼玉栄)
清水(聖望学園)
園田(聖望学園)
北田(正智深谷)
■野手
里(浦和学院)
三奈木(浦和学院①)
井上(花咲徳栄)
田村(花咲徳栄)
平尾(春日部共栄)
平野(山村学園)
江城(埼玉栄)
渡邉(昌平)
千田(昌平)
吉野創(昌平①)
蔵田(聖望学園)
小河原(大宮東)
永瀬(武南)

明日は東京勢の方を。

水谷 優希(浦和実)ライト 177・74 左・左 3年

旧チームから主軸で5番打者です。気持ち開きぎみに構え、グリップは首の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が腰を落としたと同時に踵を上げ踏み込むスタイルです。関東大会でもホームランを打っているように、長打力があってスイングも速いです。守備でも強肩が光っていました。次のステージでの活躍に期待したいです。

長谷川 俊大(浦和実)センター 177・76 左・左 3年

旧チームからの主軸で3番打者です。スクエアスタンスに構え、グリップは首の高さにセットし、ヘッドを動かしながらタイミングを計り、投手が腰を落としたと同時に足を上げ踏み込むスタイルです。甘めの変化球を引っ張ってヒットにしてきますし、広角に打てる打力が持ち味です。守備範囲も広いです。次のステージでの活躍に期待したいです。

竹内 琉生(浦和実)捕手 173・73 右・右 3年

4番打者です。気持ち開きぎみに構え、グリップは耳後ろにセットし、ヘッドを投手方向に寝かせ気味に構え、投手が腰を落としたと同時に足を上げ踏み込むスタイルです。直球に強く3試合連続ホームランなど一冬で長打力に磨きがかかっていました。インサイドワークも優れて肩も強いです。次のステージでの活躍に期待したいです。

平尾 柊翔(春日部共栄)レフト 172・70 右・左 2年

3番打者です。オープンスタンスに構え、グリップは耳後ろにセットし、ヘッドを投手方向に立て、投手が腰を落とすと同時に足を上げ踏み込むスタイルです。甘い速球はライトにホームランしますし、広角に右中間左中間無理なく飛ばせる打力は埼玉でも抜けています。足も速いですし、ベースランニングも巧みです。秋以降の活躍に期待したい選手です。

石崎 聖太郎(春日部共栄)捕手 174・77 右・左 3年

5番打者です。オープンスタンスに構え、グリップは耳の高さにセットし、ヘッドを頭の後ろで上下しながらタイミングをとり、投手が腰を落とすと同時に足を上げ踏み込むスタイルです。チャンスに強くセンター中心に強い打球を飛ばしてきます。守備面は肩が強いですし、リードも巧みです。次のステージでの活躍に期待したいです。

黒川 渓(春日部共栄)センター 178・72 右・右 3年

1番打者です。スクエアスタンスに構え、グリップは首の高さにセットし、ヘッドを立て、投手が腰を落とす前に足を上げ踏み込むスタイルです。センバツ以降スイングが鋭くなった印象で、長打力が伸びました。足は元々速いですし、盗塁センスもあり、足を活かした守備も自慢です。次のステージでの活躍に期待したいです。

橋本 大樹(山村学園)捕手 178・80 右・右 3年

スクエアスタンスに構え、グリップは耳の高さにセットし、ヘッドを投手方向に動かしながらタイミングを計り、投手が腰を落としたと同時に足を二度上げして踏み込むスタイルです。打球は速いですが、ムラもあるタイプです。感情をあらわにするタイプですが、プレー中は冷静でバックホーム後のセカンドへの性格で強い送球は流石でした。肩は評判通り強く、今年の埼玉でも1,2を争う選手かと。次のステージでの活躍に期待したいです。

平野 裕亮(山村学園)センター 176・74 右・左 2年

主に1番や3番を打ちます。オープンスタンスに構え、グリップは胸の高さにセットし、ヘッドを回しながらタイミングを計り、投手が腰を落とす前に足を上げ踏み込むスタイルです。癖のない打撃フォームでインコースも上手く捌いてきますし、バットコントロールにも優れ、広角に強い打球を飛ばしてきます。守備でも肩が強くノーバウンド送球もしていました。足も速いです。秋以降の活躍に期待したい選手です。

小泉 裕貴(山村学園)投手 173・70 右・右 1年

ノーワインドアップでオーバースローから130~135㌔(MAX136㌔)のストレートと115㌔前後のスライダー、105㌔前後のカーブを投げます。フォームに癖がなく、ストレートはガン以上に威力があって、勢いを感じました。変化球の制球やキレはまだまだこれからですが、右打者アウトローのストレートには自信があり、ほぼ制球されていました。秋以降の活躍に期待したい選手です。
 

皆様今晩は

 投稿者:満を持して登場  投稿日:2019年 8月 9日(金)23時47分52秒
  毎日やってる明日の見どころなど。

(1)日本文理VS関東一
総合力では関東一が有利なのは否めないでしょうから、南が何とか踏ん張って4点勝負位に持ち込めれば可能性も出て来るかも。
文理:南、△桑原2年、長谷川2年、長坂
関東:谷、土屋、野口、平泉、△大久保、△初谷1年、市川1年

(2)熊本工VS山梨学院
山梨の投手力は正直弱いので熊本工の林のデキ次第でしょうね。本来林が順調に成長していたら145㌔超は行ったはずだが、3試合で11失点してるようなので若しかしたら打ち合い上等の試合になるのかも。ただどんな投手なのかは知らないですが、熊本工の番手の2名も数字は良さそうなので熊本工が有利なのかなとは思うけど。
熊本:△林、青山、△田中、△内田、△森2年
山梨:△菅野、小吹2年、野村

(3)岡山学芸館VS広島商
お隣同士の県ですけど、投手力の岡山・打撃の広島と対照的な両チームのようですね。岡山は広島の投手からはそこそこ打つような気がしますので、5~6点勝負に持ち込めれば広島にも分があるのかも。
個人的には未見の中川と言う投手は興味津々だけど。
岡山:中川、仲村1年、長船
広島:△天井、真鍋


今日の寸評も南北海道大会特集と大学選手権特集の続きです。


栗田 宏太郎(札幌創成)投手 180・68 右・ 2年

事前に名前は聞いていましたが、初めて見た感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて止まり加減に溜めて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使っては来ましたが、肘から先を立てては使えないようです。
またもっと肘を前に出したいものです。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引いて、体勢を崩してしまうケースも見られました。
この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。
またリリースポイントのかなり前から、プレートから軸足が離れるのは気になります。
球種的には、MAX135㌔くらいのストレートと、縦スラは確認。
いずれもまずまずの代物だったと思います。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、確かに良いものは持っていましたので、今後欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行き、縦スラ以外の絶対的な変化球も習得できれば化けれると思います。
まずは秋に期待したいものです。

竹内 龍臣(札幌創成)投手 177・77 右・右 3年

2年生の時も感想を書きましたが、今回も見れましたので感想など。
ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて、ショート方向を蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターから投げ込んでくる、変な癖の少ないフォームです。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地も早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔ちょっとくらいのストレートと、縦スラと、チェンジアップは確認。
いずれも良かったです。
コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。
と言う事で、期待した成長曲線にはまずまず達していたと思いますので、大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ騒がれるようになると思います。
4年後に大いに期待したいものです。

山田 泰希(札幌龍谷)投手 169・75 右・右 3年

名前は聞いていましたが、初めて見た感想など。
ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、左足を伸ばさずに、軸足のクッションを利用して、インステップして、略オーバースローから投げ込んでくる。
軸足で立ってから前に推進していく際に、下半身がカクカクするのは気になります。
左腕を下から上に使って、引き込みは早い。
捻転差は維持しようとしているものの、腰の横回転が強くなって、着地は遅らせようとしてくるものの、やや早い。
テイクバック大きくはないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきます。
フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝を突っ張って、首を振って、グラブは遊び気味に腰のあたりに何となくある感じです。
クイックはしてきます。
球種的には、MAX140㌔くらいのストレートと、縦スラと、チェンジアップは確認。
ストレートは本来もう少し出そうでしたが、縦スラは落差のあるタイプなのでもっと鋭く小さく曲がるタイプにブラッシュアップしたいものです。
コントロールも纏めては来ましたが、立ち上がりはいつもなのか分からないですが良くなかったですし、甘いのも散見されました。
と言う事で、小柄ではありますが確かに良いものは持っていましたので、大学で欠点を矯正して行き、ストレートにももっと磨きをかけて行ければ大化けすると思います。
4年後に期待したいものです。

古間木 大登(遠軽-東農大オホーツク)捕手 183・86 右・左 2年

高校時代に感想を書きましたが、大学で生でも見ていましたが選手権の模様から感想など。
略スクエアに構えて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。
グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。
観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。
打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。
縦スラは拾えるほどではないですが、チャンスの場面で低めの縦スラを一塁線突破してきたケースも見られました。
外のストレートはレフトに叩けます。
左腕のスライダーは甘いとセンターに叩いてきます。
頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。
振り切ってくるスイングはまずまずです。
捕手としては、通常のキャッチングにはまずまず見どころがあります。
ランナーがいる際にも膝をつくタイプで、ワンバウンドは止めては来ましたが、後ろに逸らして失点したケースも見られました。
肩はワンバウンドを捕球して刺してきましたが、ショート方向に送球が逸れましたので、もっと精度は上げたいものです。
と言う事で、まずまず伸びてはいましたので、今後更に欠点を矯正していければ面白いと思います。
まずは来年に期待したいものです。


明日もお楽しみに。
 

/565