teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ボウ人さんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 8月29日(金)01時50分0秒
  確かに、管理者の私は誇れるほどの音楽的才能、知識を持っている人間では
ございません。それは認めます。
前回「これ以上私から発言することはございません。」と発言しておき
ながらの発言、大変恐縮に思っております。
あなたがこのサイトをご覧頂いて不快をお感じなさるであれば、
ご覧頂かないことで解決すると思っております。

この「CLASSIC MUSEUM」以外でもクラシック音楽を題材にしたサイトは無数に
ありますが、一々批判されているのでしょうか。
ならば、個人的偏見を含んだ記述が見られるサイトは、どんなジャンルでもすべて
閉鎖しろとおっしゃっているのと同じではありませんか?
時代の逆行もいいところです。

あなたの批判を受けて当サイトを閉鎖する気は毛頭ございません。
今まで、この掲示板では温かいお言葉を相当多数頂いております。

管理者の権限として、8/31をもってこれ以上の発言、及び今までの発言は
削除させて頂きます。

 
 

(無題)

 投稿者:ボウ人  投稿日:2014年 8月28日(木)03時10分16秒
  万人の目に触れるサイト上のこと。
まず即刻改めてください。

ベートーヴェン・ブラームスに関しての記述だけじゃない。
全文の偏見・不正確・雑言をあげたらきりがない。


このサイトは
音楽をまったく分からぬ初心者もふれることもあるでしょう。
記載者は誤解をまねく個人的偏見を軽々に記載してはいけない。

万人の目にふれることの重責さを認識せよ。

失礼ながら
空疎なのはカラヤンの音楽でなくて記載者の音楽的知識でしょう。
この点ご本人にも心あたりがあるでしょう。

カラヤンの実演の接したことがありますか!?
カラヤンの生演奏に触れたご経験は!?

もうこれで終わりにしますが
最後に故人を含めた音楽家たちの言葉を記載します。

「ベームが創造する音楽はまさに厳格。クレンペラーは岩窟のよう。
 バーンスタインは愛。
 カラヤン?カラヤンは神様!」
 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾソプラノ)


「私はカラヤンが何気なく施している偉大な技法を理解しているエリート。
 まさに彼は20世紀最高のベートーヴェン指揮者だ。」
カルロス・クライバー(指揮者)

「カラヤンがブルックナーを振る。まさに神が現世に降臨する如くだ」
エミール・マース(ベルリンPO第2Vn)

「あらゆるすべての面でカラヤンは私の規範者である。」
ユーリ・テミルカーノフ(指揮者)

「20世紀最高のベートーヴェン指揮者はカラヤンである。」
リッカルド・ムーティ(指揮者)










 

ボウ人様へ

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 8月25日(月)01時54分20秒
  「CLASSIC MUSEUM のご案内」で

 「当サイトには掲示板が設置してありますが、あくまで管理者である私に対して、
  サイトについてのご質問やご要望、誤記等の指摘、情報提供、宣伝などに限らせて
  頂きます。掲示板を使っての音楽談義等は他の専用サイトにてお願い致します」
 また、
 「音楽が魅力的かどうかの判断は、結局のところ、個人の感性の問題ですから、
  絶対的に素晴らしい音楽は存在しえません。絶対的に素晴らしい演奏も同様です。
  あなたにとって最高と思える演奏が、あなたにとって最高の名盤なのです。
  当サイトでは、なるべく多くの方にとって名盤となりうるものをご紹介するには
  どうしたらよいかを考え、「クラシックの専門書籍等で、音楽評論家の評価が
  高いもの」を「名盤」として紹介することが最も理想に近い、という結論に
  至りました。絶対的なSS評価の名盤として紹介している演奏でも、非常に
  つまらなく感じられる可能性は決して0ではないということをご了承下さい。」

  とはっきり明記してあります。お読み頂いたのでしょうか?
  そういう趣旨ゆえ、不快に感じられたのであれば、今後当サイトをご覧に
  ならなければいいのではないかと思っております。
  どうぞご理解下さいませ。以上です。これ以上私から発言することは
  ございません。

  
 

(無題)

 投稿者:ボウ人  投稿日:2014年 8月17日(日)16時43分25秒
編集済
  このサイト 指揮者列伝を読んで


カラヤンのベートーヴェンやブラームス
評価がわかれる!?

あまり加減なこと書かぬほうがよい。

この一文で記載者の知識
また音楽的素養がまるでないことがわかる。

カラヤンはなぜフルトヴェングラーの後任に選ばれたのか?

フリッチャイやベーム、ケンペやクリュイタンス
あるいはヨッフムでもよい
ベルリンフィルとのベートーヴェン交響曲

カラヤンのそれとを聴き比べてみるがよい。
ただ聴くだけではだめだ。
スコアーを見ながら読み込むことだ。
なぜカラヤンがベルリンフィルのシェフに選ばれたか答えがわかるだろう。

上記の誰よりも躍動感に跳んだパワフルなベートーヴェンを演出できた人
ドイツ的な重量感と洗礼された構成力を上記のどの指揮者達よりも演出できた人
それがカラヤンだ。

「カラヤンこそ20世紀最高のベートーヴェン指揮者」
クライバー ムーティが語ったがごとくである。

記載者はベルリンフィルの技術がカラヤンを幇助した様相を
述べているがまったく逆。
カラヤンが現在のベルリンフィルの音を創造したのである。

またオペラはよいが交響曲・管弦楽曲は云々とはまた陳腐なことだ。
音楽をまるで知らぬ初心者が評論家の戯言を真にうけ述べている如だ。
シンフォニーをまともに振れぬものがオペラを貫徹できるわけがない。

書くのはかってだが、万人が閲覧するネット上でこうあけすけに書きなぐる
のも節操がなく、不愉快なことだ。




 

なし

 投稿者:ボウ人  投稿日:2014年 8月17日(日)15時47分0秒
  指揮者列伝
ほとんど音楽的知識・素養なしの記載者主観が強すぎて胸糞悪い。
稚拙かつ軽薄。

 

(無題)

 投稿者:あぱと  投稿日:2014年 8月16日(土)14時44分54秒
  それでいいと思います^^

ちなみに、フランス・ブリュッヘン氏が亡くなってしまいましたね…
 

あばどさんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 8月 8日(金)00時47分50秒
  仰る通りなんです。
私も、更新しながらそういう疑問は常に抱いていました。
音源の確認が取れませんし、なぜか在庫がないものもあります。
なので本文で「推薦対象外です」などの表記をせねばならず、
予想以上に大幅に時間がかかってしまっています。
けれども、amazonで購入できるものならば、だいぶお値段が
安いですし、かなり評価の高い名盤がズラリと揃っています
ので、無視するわけにはいかないと思いまして…
一応リンクは貼りますけれども、在庫があるものには、その
リンクを残したままでいようと思っています。
いかがでしょうかね。
 

管理人様へ

 投稿者:あぱと  投稿日:2014年 8月 7日(木)21時11分26秒
  素晴らしいコメントをいただき、本当にありがとうございます。
これからも、時には掲示板上で情報を提供させていただくかもしれませんが、私個人的にはまだまだこのサイトにお世話になり続けるので、これからもどうぞよろしくお願いします。

ところで、「PREMIUM CLASSICS」が発売されたということですが、私個人の意見としては、このシリーズのCDをHPに掲載するのはよくないかな、と思います。

なぜなら、このシリーズはタワーレコードというレコード販売会社がDECCAなどの協力を得て再発売したものであり、実地で買うとすればタワーレコード以外のレコード店では購入できないからです。(Amazonのリンクにも、発売されているにもかかわらず画像がないし、不自然ですよね)

やはりこのHPは普遍的なことが売りだから、こういったちょっと特殊な(=大手のレーベルが正式に発売したものではない)ディスクはどうなんだろう…という気はします。確かにブレンデル&アバドのブラームスなどお宝物の名盤が揃っていますが、ユニヴァーサルミュージックから本来の再発売をされるまで待つほうが良いのではないでしょうか。

というのが、あくまで個人的な意見です。勘違いなどがあるかもしれないけれど…
また何かあれば返事をください。
 

あばどさんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 7月30日(水)23時27分51秒
  更にこんなものまで発売されて大変なことに
なっております。

http://tower.jp/article/campaign/2014/06/11/01

とにかく、限られた時間で頑張ります。
これからもよろしくお願い致します。
 

あばどさんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 7月27日(日)02時59分42秒
  それにしても有り難すぎてお礼の言いようもありません。
日頃更新を怠っていたツケが一気にきました。
あばどさんの情報がなければ崩壊しているところでした。
本当に感謝すると共に、今後も多忙ながら最新情報に
気を配ります。頭が上がりませんm(_)m
 

レンタル掲示板
/20