teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


6/24 東京フリューゲル強化練習日記

 投稿者:高濱 1976  投稿日:2017年 6月26日(月)18時13分42秒
返信・引用
  直子です。

なんとなく梅雨らしくなってきました。
長期予報では今年の夏は暑いらしい・・・
本日も強化練習です。
体調や都合で一日ずっとは練習に参加できない方もいましたが
それぞれ合唱祭に向けて気持ちは高まっているようです。

■2017年6月24日 13:00~17:00

めぐろパーシモンホール 地下第一練習場
(東急東横線 都立大学駅)

■出席者(敬称略)

S:安部・伊藤・大塚・嶋田・米原 ・福田(桂)
A:東・木野・高濱 ・竹重(眞)
T:安藤・釜山・暮田・桑島・庄司
B:福田・前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
寺山修司作詩 信長貴富作曲
・3 世界のいちばん遠い土地へ
・6 種子
・4 ぼくが死んでも
・5 思い出すために

*混声合唱とピアノのための
「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより
編曲/信長貴富
・虹と雪のバラード
河邨文一郎作詞 村井邦彦作曲

ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Christus factus est
* Virga Jesse

■Topics

1. 練習内容

朝10時からは中々声が出ない・・・
のは、毎度強化練習の朝のブーイング!?
なので、本日は発声練習から少し丁寧にやりました。
その効果があったのか、長い練習にもかかわらずいつもよりも声が楽だったという感想があったようです。

合唱祭で歌う2曲を徹底的に練習。
まだやはり細かい部分が指揮者の要求に答えられません。
ベースは前田さんが途中から帰ったので、二人で頑張りました。
アルトがこの曲では重要なポイントなのですが、中々一つのまとまりにならず・・・
(ごめんちゃい!)
テナーは前回、釜山さんお休みで苦戦しましたが本日はほぼOKサイン。
ソプラノは安部さん、嶋田さんが出席で頑張ってくれました。

かなり歌い込んだこともあり、暗譜もかなりのところまで来ています。
2曲とはいえ本番まで後一回の練習です。
各自、忙しいとは思いますが、しっかりと「こそ練」(家や通勤中にこそこそ練習する事のTF用語)をお願いします。

2. 合唱祭参加証

前田さんより、当日の参加証が2枚づつ配られましたので必ず持参して下さい。
聴きに来て下さる方がいれば、それを渡して下さい。

3. 秋の演奏会について

一部で話が出ていますが、秋頃に指揮者の勤務先で簡単な演奏会を開かせていただける
事になるかもしれません。
近々臨時総会等で詳細を決める事になると思います。
それについては、また合唱祭が終わり次第、別便にてお知らせとなります。

4. 次回

中野ZERO小ホール音楽室 午後の通常練習です。
合唱祭の2曲は暗譜ですので、頑張りましょう!!!

5. 今後の練習予定

7月1日 中野ZERO音楽室
7月8日 東京都合唱祭本番
    *9~パーシモン第3 声出し練習

8月5日 パーシモン第1
8月19日 中野ZERO音楽室

9月2日 パーシモン第1
9月16日 横浜南
9月30日 パーシモン第1

通常練習 13~17時
強化練習 10~17時
 
 

6/10 東京フリューゲル練習日記

 投稿者:高濱 1976  投稿日:2017年 6月11日(日)16時39分38秒
返信・引用
  直子です。

春は名のみ♪の・・・ではなくて、本当に梅雨入りですか?というくらいの
晴天と暑さが続く数日です。
合唱祭に向けて久々の強化練習。
午後からの練習には期待の新入団の方が。

■2017年6月10日 13:00~17:00

めぐろパーシモンホール 地下第一練習場
(東急東横線 都立大学駅都立大学駅)

■出席者(敬称略)

S:安部・伊藤・大塚・米原 ・福田(桂)
A:東・木野・絹川・高濱 ・竹重(眞)
T:安藤・川辺・暮田・桑島・庄司
B:福田・前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
寺山修司作詩 信長貴富作曲
・3 世界のいちばん遠い土地へ
・6 種子
・4 ぼくが死んでも

*混声合唱とピアノのための
「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより
編曲/信長貴富
・翼をください
山上路夫作詞 村井邦彦作曲
・花嫁
北山修作詞 端田宣彦作曲

ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Christus factus est
* Virga Jesse

■Topics

1. 練習内容

朝10時からは中々声が出ない・・・
ので、発声代わりにポップスのおさらい。
合唱祭で歌う2曲を徹底的に練習。
かなり歌い込めてきたのでは?
午後からは、気分転換にブルックナーのラテン語歌詞の発音を確認して
歌詞で通しましたが、まだまだすぐにはうまくはいきません。
最後は合唱祭の2曲を通して、本日の強化練習を終わりました。

2. 合唱祭当日の流れ

前田さんからプリントの配布があり、当日の流れの説明がありました。
集合 9:00 パーシモン第3 声出し最終練習
本番 14:42 Fブロック
打ち上げ 17:00

衣装 男性 黒ワイシャツ 黒ズボン
   女性 白ブラウス 黒ロングスカート

3. 入団者

数回見学に来てくれていた、安部さんがついに入団してくれる事になり
午後からは一緒にソプラノで歌いました。
安部さんは、東さんの同女大時代からのお友達という事ですが
同志社コールフリューゲル関係者ではなく、外部からのメンバーです。
嬉しい事ですね!今後とも宜しくお願いします。

4. 次回

次回もパーシモン第1で強化練習です。
喉風邪をひいて体調を崩している方もいるようですから
本番に向けて充分に体調管理をしましょうね。

5. 今後の練習予定

6月24日 パーシモン第1*強化練習

7月1日 中野ZERO音楽室
7月8日 東京都合唱祭本番
    *9~パーシモン第3 声出し練習

8月5日 パーシモン第1
8月19日 中野ZERO音楽室

9月2、16、30日 場所未定

通常練習 13~17時
強化練習 10~17時
 

6/3 東京フリューゲル練習日記

 投稿者:高濱 1976  投稿日:2017年 6月 4日(日)18時11分45秒
返信・引用
  直子です。

久しぶりのルンビニー幼稚園での練習。
来年春には閉園とのことで、こんな素敵な幼稚園が・・・と残念です。
あと何回この幼稚園で練習できるのかな。

■2017年6月3日 13:00~17:00

ルンビニー花園幼稚園
京急線 金沢文庫駅

■出席者(敬称略)

S:伊藤・大塚・米原 ・福田(桂)
A:東・木野・高濱 ・竹重(眞)
T:釜山・暮田・庄司
B:前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
寺山修司作詩 信長貴富作曲
・4 ぼくが死んでも
・6 種子
・3 世界のいちばん遠い土地へ

*混声合唱とピアノのための
「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより
編曲/信長貴富
・翼をください
山上路夫作詞 村井邦彦作曲
・虹と雪のバラード
河邨文一郎作詞 村井邦彦作曲

■Topics

1. 練習内容

合唱祭で歌う2曲を中心に、各パートの少し不安な部分を繰り返し練習。
特に「世界の~」はピアノ伴奏を意識しながら歌う事が必要なのだけど
まだ歌い手の方は、そこまでの余裕がありません。
歌詞の解釈もなかなか難しく、これからが勝負!?
しかし、前回の練習ではまだ音取りにも四苦八苦していた事から思えば
本日はピアノ伴奏で歌詞、曲想も意識しながら通せたのはかなりの進歩では。

練習の最初と最後にポップソングを少し歌い、心と体をほぐしたのでした。

2. ベースはつらいよ

福田さんがお休みだったので、本日はベースがバリトン2人。
何とかベース団員を募集しなければなりませんね!

3. アンケートのお願い?お知らせ?

指揮者の勤務先でこの秋頃にプチコンサートをさせてもらえるという話が進んでおり
あまり負担のかからない範囲で過去に歌った事のある曲から
みんなの歌ってみたい曲を提案して欲しいと指揮者からのお願いです。

大筋では
抒情歌から3曲、ポップスから5曲(サザン2、美空2、横山1)、その他思い入れのある曲等
だいたい10曲程度をMLにて提案して下さい。
まあ、勤務先の事も考慮していただくとして・・・

4. 次回

来週、パーシモンで強化練習です。
10~17時ですので、各自昼食をとって下さいね。
それから、次回は期待のソプラノ入団者が来てくれる予定です。
去年11月26日に見学に来てくれた安部さんが、ご自身の演奏会(本日)を終えたので
我がTFに入団してくれるそうです。
以前、練習後の飲み会で指揮者や一部のオタク関係の人達と大盛り上がりしていましたね。

5. 今後の練習予定

6月10日 パーシモン第1*強化練習
6月24日 パーシモン第1*強化練習

7月1日 中野ZERO音楽室
7月8日 東京都合唱祭本番
    *9~パーシモン第3 声出し練習

8月5日 パーシモン第1
8月19日 中野ZERO音楽室

9月2、16、30日 場所未定

通常練習 13~17時
強化練習 10~17時
 

5/20 東京フリューゲル練習日記

 投稿者:高濱 1976  投稿日:2017年 5月24日(水)16時42分28秒
返信・引用
  直子です。

もう夏?と思わせるような炎天下で、駅から練習場までの数分でしっかりと汗をかきました。
本日は、遠路はるばる・・・の方が!

■2017年5月20日 13:00~17:00

中部すこやか福祉センター 仲町ホール
(東京メトロ 新中野駅)

■出席者(敬称略)

S:伊藤・大塚・嶋田・米原 ・福田(桂)
A:東・絹川・木野・高濱 ・竹重(眞)・町田
T:安藤・釜山・川辺・暮田・桑島・庄司
B:福田・前田
C:竹重
P:金子

■練習内容

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
寺山修司作詩 信長貴富作曲
・6 種子
・3 世界のいちばん遠い土地へ

ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Christus factus est
* Virga Jesse

■Topics

1. 練習内容

*思い出すために
「種子」はカイメイ読みから歌詞をつけて、さらにピアノ伴奏バージョンで。
構造について指揮者からわかりやすく説明があり
他のパートとリズムが合うところは、しっかりと合わせ
ずれるところはずれるところで、よく聴きながら歌うようにと。
「世界の~」はカイメイ読みから歌詞をつけて、ピアノ伴奏バージョンで。
名手金子さんでも、この曲はピアノ伴奏が大変だそうですが
歌い手の方は、まだピアノを堪能しながら歌えるところまでいかず・・・
合唱祭でこの2曲を歌いますが、さて攻略できるのか???

*ブルックナー
2曲カイメイにて練習。
先日から時間の都合でなかなか歌詞をつけるところまで行けず。

2. 遠路はるばる

先週、前回の練習は、筑波からの安藤さんがお休みでしたが体調も戻り出席。
また、栃木からの町田さんも久々に元気な顔を見せてくれました。

そして、卒団し京都に帰り、男優ちゃう団友となられたアルトの姉御こと
ヒメさんが旅行帰りで練習には間に合いませんでしたが、わざわざすこやかセンターまで来てくれて、練習後の飲み会「もんし」に参加してくれました。
歓迎の意味もあり、総勢14名の参加でした。

3. ベース&アルト

山本さんがお休みで、ベースは二人でしたがよく頑張っていました!
ところどころテナーの下の方たちが助っ人としてお手伝い。
アルトは逆に前回二人でしたが、本日は全員出席で、指揮者からも滅多にないお褒めの言葉!(会場のせいか?)

4. 合唱祭の日程

練習日の翌日暑い中、前田さんが毎年のことながら合唱祭の説明会に行ってくれ
見事に希望日、希望時間帯での出演が決定しました。
7月8日(土)13:30~16:00枠 本番14:51予定
集合12:20 リハーサル12:30

5. 次回

次回はもう6月ですね~。
久しぶりのルンビニーです。
ルンビニーの時は強化練習が多いのですが、次回は通常の13~17時の練習ですので
お間違いのないように。

6. 今後の練習予定

6月3日 ルンビニー
6月10日 パーシモン第1*強化練習
6月24日 パーシモン第1*強化練習

7月1日 中野ZERO音楽室
7月8日 東京都合唱祭本番
    *9~パーシモン第3 声出し練習

8月5日 パーシモン第1
8月19日 場所未定

9月2、16、30日 場所未定

通常練習 13~17時
強化練習 10~17時
 

パームフリューゲル♪Note

 投稿者:74 松阪さゆり  投稿日:2017年 5月23日(火)23時19分26秒
返信・引用 編集済
  パーム♪企画 「島よ♪をご一緒に歌いましょう!!」

   日時 6月24日(土)12時~15時の練習♪時間内

   場所 福島教会  (JR環状線福島駅からすぐ)

   指揮 72' 市田一弥


 パームフリュ-ゲル♪では、「水のいのち♪」の後、「島よ♪」を練習して参りました。6/24に 懐かしい「島よ♪」をご一緒に歌って下さる方 大歓迎です。当日だけでは物足りない。又は 心配という皆様は、5/27(土)・6/10(土)の練習♪でも お待ちしております。
 

5/13 東京フリューゲル練習日記

 投稿者:高濱 1976  投稿日:2017年 5月14日(日)14時30分52秒
返信・引用
  直子です。

お天気に恵まれ9連休だった人もいたGWが終わり
久々のしっかりとした雨に見舞われた練習日となりました。

■2017年5月13日 13:00~17:00

目黒パーシモンホール 地下1階第一練習場
(東急東横線 都立大学駅)

■出席者(敬称略)

S:伊藤・大塚・米原 ・福田(桂)
A:東・高濱
T:釜山・川辺・暮田・桑島・庄司
B:福田・前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
寺山修司作詩 信長貴富作曲
・6 種子
・3 世界のいちばん遠い土地へ

*混声合唱とピアノのための
「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより
編曲/信長貴富
・虹と雪のバラード
河邨文一郎作詞 村井邦彦作曲
・花嫁
北山修作詞 端田宣彦作曲

■Topics

1. 練習内容

*思い出すために
「種子」はカイメイ読みからYa、歌詞をつけてピアノ伴奏で歌うところまで。
「世界の~」はカイメイ読みから歌詞をつけて、ピアノ伴奏で歌うところまで・・・
一通り何とかこじつけたのですが、音取りだけでもかなり気力体力を消耗しました。

この2曲は合唱祭で歌う予定なので、次回からも歌い込んでいきます。

*1971年生まれのポップソング
「虹と雪~」「花嫁」
「思い出すために」の練習で疲弊した頭をリセットする意味も込めて
細かい部分はさておき、気持ちよく練習の最後をポップソングで締めくくりました。


2. 金子さん

突然の事故に見舞われて、治療とリハビリを続けながらもTFの伴奏をしてくださっていましたが
この度、先生からもめでたくお許しが出てリハビリから卒業とのことです。
金子さんをもってしても「世界の~」の伴奏は大変だそうで
伴奏と歌が複雑な様相をなしていると初めて感じました。

3. アルト

本日はアルトのPLがお休み、DCFのPL絹川さんと低音の魅力が素敵な木野さんもお休みで
DCFのサブPL東さんと不肖ソプラノ声のわたくしの2人で奮闘しました。
ま、えっか・・・

4. 次回

当初の予定(27日)から変更ですので注意!
すこやか(新中野)です。
練習最後の頃にお客様(卒団生)来団の予定で「もんし」も予約済みですので
皆様、是非出席してね。

本日、パーシモンでの練習でしたが
テナーのK氏(K氏ってテナー5人のうち4人もいるんですね!)は、間違えて中野すこやかセンターに行ってしまい
約1時間のロスをしてしまいました。
時々、ひょこっと間違える人がいますので、出る前によく確認しましょうね~。

5. 合唱祭の日程

次回練習の翌日、21日(日)に合唱祭の日程等が決まる説明会があり
例年通り前田さんが行ってくれます。
いつもながらありがとうございます。
宜しくお願いします。

6. 今後の練習予定

5月20日 すこやか仲町 *27日から変更

6月3日 ルンビニー
6月10日 パーシモン第1*強化練習
6月24日 パーシモン第1*強化練習

7月1日 中野ZERO音楽室
7月8日 強化練習バージョン合唱祭本番予定
    *9~17 午前パーシモン第3 午後パーシモン第1
7月9日 強化練習バージョン合唱祭本番予定
    *9~17 午前午後 中野ZERO音楽室
7月17日 合唱祭予備日

8月5日 パーシモン第1
8月19日 場所未定

通常練習 13~17時
強化練習 10~17時
 

4/22 東京フリューゲル練習日記

 投稿者:高濱 1976  投稿日:2017年 4月23日(日)12時30分52秒
返信・引用
  直子です。

桜の頃を少し過ぎてしまいましたが、新緑がどんどん美しくなってくる
目黒パーシモンです。
館内にあるレストランや屋外の庭で遊んでいる親子連れも何だかオシャレな雰囲気です。
本日は見学の方が来られました。
そしてお客様を含めて歌い手だけで19人、男性は全員出席です。

■2017年4月22日 13:00~17:00

目黒パーシモンホール 地下1階第一練習場
(東急東横線 都立大学駅)

■出席者(敬称略)

S:伊藤・大塚・嶋田・米原 ・福田(桂)・世良田
A:東・木野・高濱・竹重(眞)
T:安藤・釜山・川辺・暮田・桑島・庄司
B:福田・前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*混声合唱とピアノのための
「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより
編曲/信長貴富
・虹と雪のバラード
河邨文一郎作詞 村井邦彦作曲
・花嫁
北山修作詞 端田宣彦作曲

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
寺山修司作詩 信長貴富作曲
・6 種子
・4 ぼくが死んでも
・3 世界のいちばん遠い土地へ

ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Virga Jesse
* Christus factus est

■Topics

1. 練習内容

本日は見学の方が最初から参加してくれたので
「1971~」の馴染みやすい曲から練習を始め
「思い出すために」の「6 種子」を初めて練習。
4、3を復習。
「ブルックナー」はVirga Jesse、Cristus factus est を。

*思い出すために
新曲「6 種子」は♭が6つ付いているという楽譜に、ちょっとうろたえますが
読み替え等が無く、カイメイ~Ya~歌詞~ピアノ伴奏をつけてアンサンブルまで
何とか通しました。
「4 ぼくが死んでも」はピアノ伴奏で歌詞をつけて。
「3 世界のいちばん遠い土地へ」は・・・各パート共もうヘトヘトになりながら読み替えと格闘!
♯♭ナチュラルで頭が混乱しつつ、練習を終えたのでした。
この曲を攻略するのはなかなか簡単ではなさそうです。

*ブルックナー
歌うにつれてだんだん慣れてきましたが、やはり難しい曲です。
本日は歌詞をつける予定でしたが、時間の都合でできず。

2. 合唱祭の曲

7月の合唱祭で歌う曲を指揮者が決定しました。
「思い出すために」から「3 世界~」と「6 種子」です。
うわ~~~、頑張りましょう!

3. 見学者

大塚さんの紹介で、世良田さん(横浜在住)が来られました。
第4回定期演奏会にオンステした比留川さんともお友達で声楽をされていたという事で
団員はいつもよりも緊張気味!?
最後には、感想として身に余る言葉をもらいましたが
まさしくTFが目指しているものが世良田さんにはわかって頂いたようで
今後も是非一緒に歌いたいですね。

4. 今後の練習予定

5月13日 パーシモン第1
5月20日 すこやか仲町 *27日から変更

6月3日 ルンビニー
6月10日 パーシモン第1*強化練習
6月24日 パーシモン第1*強化練習

7月1日 場所未定
7月8日 強化練習バージョン合唱祭本番予定
    *9~17 午前パーシモン第3 午後パーシモン第1
7月9日 強化練習バージョン合唱祭本番予定*場所未定
7月17日 合唱祭予備日

8月5日 場所未定
8月19日 場所未定
 

4/8 東京フリューゲル練習日記

 投稿者:高濱 1976  投稿日:2017年 4月 9日(日)13時17分37秒
返信・引用
  直子です。

新年度になり、曇り空ながら桜満開の中の練習日でした。
久々に、栃木からもっちゃんが参加。

■2017年4月8日 13:00~17:00

中部すこやか福祉センター 仲町ホール
(丸の内線 新中野駅)

■出席者(敬称略)

S:伊藤・大塚・嶋田・米原 ・福田(桂)
A:東・高濱・竹重(眞)・町田
T:安藤・釜山・暮田・庄司
B:福田・前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*混声合唱とピアノのための
「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより
編曲/信長貴富
・花嫁
北山修作詞 端田宣彦作曲
・翼をください
山上路夫作詞 村井邦彦作曲
・虹と雪のバラード
河邨文一郎作詞 村井邦彦作曲

ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Virga Jesse
* Christus factus est

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
寺山修司作詩 信長貴富作曲
・4 ぼくが死んでも
・5 思い出すために
・1 かなしみ
・3 世界のいちばん遠い土地へ

■Topics

1. 練習内容

本日は町田さんが久しぶりの出席ということもあり
去年の演奏会以降練習を始めた曲をおさらい。
しかし、難曲はやはり何度練習しても難しい!
リズム打ちや、カイメイ読みよりもいきなり歌詞から攻略していく曲もあり。

*ブルックナー
大変な難曲である2曲ですが、ようやくここにきて何とか音が取れてきたようです。
個人的には転調のところで音がなかなか取れませんが・・・
それにしても気力体力精神力がハンパじゃない大変な曲です。
次回からはラテン語の歌詞をつける予定です。

*思い出すために
3番の世界のいちばん遠い土地へ
本格的な譜読みのスタートです。
頻繁に転調が繰り返されて、苦労させられていますが、あとちょっとで終わりまで行けそうです。
脳トレには良いかも・・・

2. 神の指?

前回の練習後、4月1日、10時に重要なミッションが決行されました。
その結果、記念すべき第5回東京フリューゲル定期演奏会開催の場所と日程が決まりました。
練習後の飲み会でのふとしたきっかけから、臨時総会を開いての決定、架電隊の割り振り、秒針との戦い・・・と、それぞれ団員一丸となり取り組んだのでした。
そしてついに、幸運の女神はしばらくお休みしていた町田さんに微笑んだのでした。
色々な不安材料がないとは言えませんが、以前のように公的ホールを抽選で借りるよりは
早めに決定ししかも日程的にも良かったのではという意見が多いですね。

3. 第5回定期演奏会

2018年10月28日(日)
浜離宮朝日ホール

決定しました!
あとは、練習あるのみ!!!
また、予約金等の支払いの為、特別会計の方へ8千円を納めて下さい。

4. ベース頑張る

中村さんが大阪に転勤となり、ベースが3人だけになってしまいました。
でも、この3人が大奮闘!難しい譜読みもスイスイ!
指揮者からも珍しくお褒めの言葉が。
何らかの危機感に見舞われたのかも?

5. 今後の練習予定

4月22日 パーシモン第1

5月13日 パーシモン第1
5月20日 すこやか仲町 *27日から変更

6月3日 ルンビニ
6月10日 パーシモン第1*強化練習
6月24日 パーシモン第1*強化練習

7月1日 場所未定
7月8日 強化練習バージョン合唱祭本番予定*場所未定
7月9日 強化練習バージョン合唱祭本番予定*場所未定
7月17日 合唱祭予備日

8月5日 場所未定
8月19日 場所未定
 

3/25東京フリューゲル練習日記

 投稿者:前田1977  投稿日:2017年 3月26日(日)10時26分24秒
返信・引用
  なおちゃんの代行前田です。

今日は、ルンビニでの練習日。本来は、普段できないパート練習を含めて
じっくり練習する段取りでしたが、急遽中村さんが転勤で関西へ戻ることに
なり、その壮行会を兼ねての練習となりました。
東京フリューゲルに参加して1年余り。当初はいやいや適当な参加だった
そうですが、合唱祭、第4回演奏会を経て、すっかりベースの中心となり
これからという時で、まったく残念ですが、来年第5回演奏会へは
必ず参加するという「お約束」をしてお別れの会を催しました。

■2017年3月25日 13:00~17:00

ルンビニ幼稚園
(京急線 金沢文庫駅)

■出席者(敬称略)

S:大塚・米原 ・福田(桂)
A:東・木野・竹重(眞)
T:安藤・釜山・桑島・庄司
B:中村・福田・前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
・4 ぼくが死んでも


寺山修司 作詩 信長貴富 作曲

*混声合唱とピアノのための
「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより
編曲/信長貴富
・花嫁
北山修作詞 端田宣彦作曲
・虹と雪のバラード
河邨文一郎作詞 村井邦彦作曲

ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Christus factus est
* Virga Jesse

■Topics

1. 中村さんの愛する曲

「逝く夏の歌」「きみ歌えよ」「ほらね、」「小さな部屋で」
練習後にこの4曲を中村さんと一緒に壮行の意味を込めて
歌いました。

演奏会で歌った曲、最近歌い始めた曲など中村さんも気を使ってくれたのか
いいバランスの選曲でした。

2. ホール獲得電話攻勢作戦

第5回定期演奏会を来年開くにあたって、会場申し込みをどうするか
臨時総会での結論は、「浜離宮朝日ホール」もしくは「トッパンホール」
を4月及び5月に電話による申込みすることになり、架電者を選定。
必勝マニュアルを配布し、「必勝宣言」を行いました。

3. 壮行会

くいもの屋「わん」金沢文庫店での壮行会は、楽しく行われました。
皆さんからの贈る言葉は、異口同音で「第5回演奏会にはオンステしてね」
でした。まあいままでずっと練習してきたので、これでオンステしない
手はないと思います。
名古屋から演奏会のみ参加してくれている北川さんの例もありますので。

宴のあと、横浜駅で下車して今度はカラオケでの熱唱。
横浜の夜は更けていきました。

4. 今後の練習予定

4月8日 すこやか仲町ホール
4月22日 パーシモン第1

5月13日 パーシモン第1
5月27日 場所未定

6月3日 ルンビニ
6月10日 パーシモン第1*強化練習
6月24日 パーシモン第1*強化練習

7月1日 場所未定
7月8日 強化練習バージョン合唱祭本番予定*場所未定
7月9日 強化練習バージョン合唱祭本番予定*場所未定
7月17日 合唱祭予備日

8月5日 場所未定
8月19日 場所未定
 

3/4 東京フリューゲル練習日記

 投稿者:高濱 1976  投稿日:2017年 3月 6日(月)13時16分0秒
返信・引用
  直子です。

3月に入り梅や桜の話題が増え、随分と春めいてきましたが
前回の練習から2週間の間にTFにとっては大きなショックがありました。
会社員には転勤がつきもの。それにしても、つらいことが重なりました。
一緒に歌う事で心に寄り添う事ができるでしょうか。
また本日は臨時総会が開かれました。

■2017年3月4日 13:00~17:00

男女共同参画センター 横浜南
(京急線 南太田駅)

■出席者(敬称略)

S:伊藤・大塚・米原 ・福田(桂)
A:東・木野・高濱・竹重(眞)
T:安藤・釜山・川辺・桑島・庄司
B:中村・福田・前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
・4 ぼくが死んでも
・1 かなしみ
・3 世界のいちばん遠い土地へ
・5 思い出すために
寺山修司 作詩 信長貴富 作曲

*混声合唱とピアノのための
「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより
編曲/信長貴富
・翼をください
山上路夫作詞 村井邦彦作曲
・花嫁
北山修作詞 端田宣彦作曲
・虹と雪のバラード
河邨文一郎作詞 村井邦彦作曲

ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Virga Jesse

■Topics

1. 練習内容

信長作品の「思い出すために」からは
「僕が死んでも」はカイメイから歌詞をつけてピアノ伴奏でアンサンブルまで。
「かなしみ」は前回の復習でリズム打ちを。
「世界の~」「思い出すために」は時間の都合で一部分のみ練習。
曲の大体のイメージがなんとなくわかりました。

「1971~ポップソング」からは、3曲練習。
ピアノ伴奏で全体を通して。

ブルックナーからは「Virga Jesse」
カイメイで通しましたが、やはり読み替えが難敵。

2. 臨時総会

*第5回定期演奏会を来年開くにあたって、会場申し込みをどうするか
*合唱祭申し込みの日程と練習日の確認

この2件について、臨時総会が開かれました。
詳細は別便にて

3. 突然のこと

去年の定演の少し前に入団し、定演もしっかりと全曲ステージに乗り
その低音と色々な知識?でTFのこれからを支えてくれるはずだった中村さんが
4月から大阪へ転勤となる知らせが突然入り、団員一同ショックを隠せませんでした。
そのショックの中、さらなるショックな知らせ・・・
お元気だったお母様が急逝されたとのこと。
そんな悲しい出来事があった中、葬儀も済ませて転勤に伴う仕事関係や引越し等の為、本日帰京され
その足で練習の最後に顔を出してくれました。
心身ともに疲れ果てているであろうに・・・
次回の練習は中村さんのTF最後の練習となり、送別会です。

4. 今後の練習予定

3月25日 ルンビニー

4月8日 すこやか仲町ホール
4月22日 パーシモン第1

5月13日 パーシモン第1
5月27日 場所未定
 

2/18 東京フリューゲル練習日記

 投稿者:高濱 1976  投稿日:2017年 2月19日(日)18時44分6秒
返信・引用
  直子です。

私事でお休み続きでしたが、久々に出席し歌う気満々で練習場に向かいました。
すると、私の前に見知らぬ男性が・・・
今年になって前々回に入団された「暮田くん」(敢えて、くんづけ)でした。
私の3回下で学生時代はさほど接点がなかったのですが、もちろんお名前と顔は知っておりましたので
「ま~ご立派になられて・・・」と思わず言ってしまいました。
37年ぶりでしたから。
再会って嬉しい事ですね。

■2017年2月18日 13:00~17:00

中部すこやか福祉センター 仲町ホール
(東京メトロ 新中野駅)

■出席者(敬称略)

S:伊藤・大塚・嶋田・米原 ・福田(桂)
A:東・絹川・木野・高濱・竹重(眞)
T:釜山・川辺・暮田・桑島・庄司
B:中村・福田・前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*混声合唱とピアノのための
「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより
編曲/信長貴富
・虹と雪のバラード
河邨文一郎作詞 村井邦彦作曲
・花嫁
北山修作詞 端田宣彦作曲
・翼をください
山上路夫作詞 村井邦彦作曲

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
・4 ぼくが死んでも
・1 かなしみ
寺山修司 作詞 信長貴富 作曲

 ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Virga Jesse

■Topics

1. 練習内容

「1971~ポップソング」からは、3曲練習。
「虹と雪のバラード」は新曲でしたが比較的歌い易く
前回から練習している他2曲ともカイメイから歌詞をつけ、ピアノ伴奏と合わせられました。

信長作品の「思い出すために」からは
「僕が死んでも」は前回の復習でカイメイ、Ya、歌詞をつけるところまで。
とても感動的で素敵な曲です。
まだ歌い手はそこまで曲にのめり込んでいけてないのですが
感動しやすい指揮者はまたまた指揮をしながら号泣状態で、練習中断!?

「かなしみ」は新曲で、リズム打ちから始めましたが慣れるまでちょっと大変でした。
指揮者殿がCDを持参してくれたので、数曲を途中全員で聴きました。
・・・聴くにはすごく魅力的な曲でしたが、果たしてこの曲達を歌いこなせるのか・・・

ブルックナーからは「Virga Jesse」
移動ドの読み替えがやたら複雑で、頭の中が???になりながらあやふやなまま時間切れとなり
克服できぬもどかしさを残しつつ本日の練習が終了。

2. 2年後の第5回定期演奏会に向けて

本日は歌い手が19人。都合によりお休みの人もいましたが
一時女性が少なかったり、男性が少なかったり、また諸々な危機を乗り越えながら練習をしてきました。
やはり大勢でパートのバランスも良くみんなで歌うのは本当に気持ちが良く楽しい事です。
もっともっと仲間が増えると良いですね。

さて、次の演奏会の曲がほぼ固まってきました。
メインは信長さんの「思い出すために」
ポピュラーステージは「1971生まれの~」に決まりました。

3. 次回

横浜南で、臨時総会を行います。
練習時間を確保できるように
事前に団長から連絡があった事項について、各自意見をしっかりまとめておいて下さい。
また出席できない方は委任状の提出をお願いします。

4. 「朋」

練習で混乱した頭を正常に戻す為?ハモではなくメロディーを歌いたい為?
いつもの飲み会の後数名で「朋」に繰り出しました。
着席するや否や朋ちゃんから衝撃的なお知らせが。
4月15日をもって閉店して大阪に帰る・・・とのこと。
朋ちゃんといえば、杉並教会での練習時代からお世話になっており
合唱祭や演奏会にも駆けつけてくれました。
気さくな方で、気軽に安心して飲んだり歌ったりできるお店だったし
卒団されたり団友の方々もよく行っていたので、残念です。
大阪方面にいる団友さんや出張で行かれる人も多いと思いますので、また会えるかもですね。

5. 今後の練習予定

3月4日 横浜南 *臨時総会あり
3月25日 ルンビニ幼稚園

4月8日 すこやか仲町ホール
4月22日 パーシモン第1

5月13日 パーシモン第1
5月27日 場所未定

通常練習 13:00~17:00
 

合唱団ノイエ・フリューゲル第1回定期演奏会のお知らせ

 投稿者:久一@93A  投稿日:2017年 2月17日(金)15時18分8秒
返信・引用 編集済
  合唱団ノイエ・フリューゲル 第1回定期演奏会のお知らせです。

私達、ノイエ・フリューゲルは、同志社コール・フリューゲル第40回記念定期演奏会でのOB合同ステージをきっかけとして結成した混声合唱団です。
現在ではOB以外の仲間も増え、一般合唱団として活動しておりますが、結成10年を経てこの度、第1回定期演奏会を開催することになりました。

昨年12月のOBステージの練習場で情宣の時間を頂いたのでお見知りおき頂いてる方もおられると思いますが、あらためて情宣させていただきます。

平成29年3月19日(日)
開演14時(開場13時30分)
京都市北文化会館にて
(京都市営地下鉄北大路駅下車すぐ。キタオオジタウン内)

第1ステージは往年のフリューゲル十八番、spiritual&gospelです。
よくご存知の曲もあれば、現代的なアレンジを効かせた曲もあり、懐かしく、また新たな発見もしていただけると思います。

第2ステージは名曲アラカルトと題しました。
洋の東西を問わず名曲と謳われるものは数えきれませんが、その中からほんの一部をアラカルト形式でお届けします。

第3ステージは高野喜久雄先生作詞、高田三郎先生作曲「確かなものを」です。
この組曲は【中学生のための水のいのち】とも言われており、先ごろ水のいのち本体にどっぷり浸かっていた我々ゲル人にとっては魂に馴染む組曲のような気がします。
その歌詞は若さと瑞々しさに溢れ、メロディこそ平易であるが故、どこまでの深い表現を追究できるか、指揮者渾身の作品です。

3月の連休中日ということで既にご予定のある方もおられると思いますが、たくさんの方に聴いていただけたら嬉しいです。
入場には予め整理券をお配りしておりますが、整理券は会場にも用意しておりますので、お気軽にお運びいただけたらと思います。

HP:  https://noiefluegel.jimdo.com/
Facebook:  https://m.facebook.com/noie.flugei/
 

2/11東京フリューゲル練習日記

 投稿者:前田1977  投稿日:2017年 2月12日(日)11時23分48秒
返信・引用
  なおちゃん欠席のため、ふたたび代行前田です。

今日は、ルンビニ幼稚園での練習。

いつもは7月東京都合唱祭への強化練習で、利用させていただくことが多く、
冬のこの時期は初めてだと記憶してますが、金沢文庫駅下車し、階段を下りて
外へ出ると、冬とは思えない夏みたいな抜ける青空。さすが湘南です。

■2017年2月11日 13:00~17:00
ルンビニ幼稚園

(京急線金沢文庫駅)

■出席者(敬称略)

S:伊藤・大塚・米原 ・福田(桂)
A:東・木野
T:安藤・釜山・暮田・桑島・庄司
B:中村・福田・前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
・ぼくが死んでも
寺山修司 作詞 信長貴富 作曲

*混声合唱とピアノのための
  「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより

・翼をください
山上路夫作詞 村井邦彦作曲信長貴富編曲

・花嫁
北山修作詞端田宣彦作曲信長貴富編曲


 ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Vexilla regis


■Topics

1. 練習内容   新曲連発

  来る第5回演奏会で歌う曲で、なかなか決まらなかったポップ系ですが、
  指揮者よりピアノ伴奏つきで、かつて自分たちが青春、子供時代に
  歌ったポップソング(一部はフォークソング・歌謡曲)を信長さんが
  編曲したのがあるけど、どう?という提案で、ほぼ全員の賛成があり、
  楽譜を至急取り寄せして、今日新曲として取り組みました。
  今日歌った翼をください、花嫁以外に
  虹と雪のバラード、戦争を知らない子供たち、出発(たびだち)の歌
  があり、今後歌っていきます。比較的平易であり、歌いやすい曲でした。

  一方で、演奏会の組曲として信長さんの「思い出すために」を取り上げる
  ことになり、今日はそのなかの、「ぼくが死んでも」ネーミングは
  「ちょっとどうかな」というものですが、信長ワールド全開のいい感じの
  曲でした。

  あとは、ブルックナー「Virga Jesse」。これは読み替えが都度都度あり、
  なかなか難しい。ブルックナーについては、4曲目で、これで宗教曲ステージが
  完了します。

  次回といっても来週ですが、


*寺山修司の詩による6つのうた
「思い出すために」より
・かなしみ

*混声合唱とピアノのための
  「出発の歌」-1971年生まれのポップ・ソングーより
・虹と雪のバラード

を新曲としてトライします。


4. 今後の練習予定 *次回は来週

   2月18日 すこやか仲町ホール

 3月4日 横浜南 *臨時総会あり
 3月25日 ルンビニ幼稚園

 4月8日  すこやか仲町ホール
 4月22日 パーシモン第1

 5月13日27日 *いずれも場所未定

通常練習 13:00~17:00
 

1/28東京フリューゲル練習日記

 投稿者:前田1977  投稿日:2017年 1月29日(日)10時46分52秒
返信・引用
  なおちゃんおバド甲子園出場のため、代行前田です。

今日は、想定よりぽかぽか陽気。
天気予報を見ずに出かけてしまい、いつも以上の冬装備(セーター2枚重ね+厚手のダウン)
のため、大汗をかいてしまいました。

そんな中「あの人」が登場です。

■2017年1月28日 13:00~17:00
パーシモン地下第一練習場

(東急東横線都立大学駅)

■出席者(敬称略)

S:伊藤・米原 ・福田(桂)
A:東・木野・竹重(眞)
T:安藤・釜山・暮田・桑島・庄司
B:中村・福田・前田・山本
C:竹重
P:金子

■練習内容

*うたうだけ(I just Sing)
谷川俊太郎 詞 武満徹 曲

*小さな部屋で(In a Small Room)
川路明 詞 武満徹 曲

 ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Christus factus est


■Topics

1. 練習内容

  「うたうだけ」まったくの新曲 カイメイ読みから。
  わずか3ページしかない楽曲ですが、武満ワールド全開で
  6声部構成で、リズム及び音とり&ハーモニー感がはんぱなく
  難しい。
  いつも練習は楽しくあっという間に時間が経過していくのに、
  なかなか時間が進まず、何回も壁の時計を見てました(笑)
  ほほ総練習時間のかなりを使いましたが、「通し」をやっても
  いまいちで、これは難儀しそうな曲でした。

2. 新入団

  79年度生トップテナー暮田順一氏が、早速入団してくれました。
  本来、見学しての入団が一般的ですが、彼は練習会場に開始時間の
  30分前に到着しており、また「50周年」で水のいのちを共に歌った
  こともありで、団員とも面識があり、早速の入団表明でいきなりの
  難曲「うたうだけ」の音とり取組でしたが、難なくこなしていたのは
  さすがです。これでテナーは6名とかなりの大所帯になります。
  今後とも宜しくお願いします。


3. 臨時総会

  釜山新団長より、3月4日に「臨時総会」を開催する旨、連絡がありました。
  正式には、MLにて通知があります。メインの議題は来る「第5回演奏会のホール選定」
  で、1月の総会で結論がでなかったので、改めて協議する場を設定しました。
  当日、候補となるホールの資料を添付しますが、今のところ案としてあるのが
  アイリスホール、川口リリアホール、凸版ホール、亀戸文化センターなどです。
  皆様も事前にHPなどで確認して、会議に臨んでください。



4. 今後の練習予定 *次回は2週間後

 2月11日 ルンビニ幼稚園
 2月18日 すこやか仲町ホール

 3月4日 横浜南 *臨時総会あり
 3月25日 ルンビニ幼稚園

 4月8日  未定
 4月22日 パーシモン第1

 5月13日27日 *いずれも場所未定

通常練習 13:00~17:00
 

パームフリューゲル♪Note

 投稿者:74 松阪さゆり  投稿日:2017年 1月29日(日)00時07分39秒
返信・引用
   ハーモニーの寄稿文に、12/18の感動が蘇り、心が熱くなりました!橋本君 ありがとう!聴いてくださった方々にも想いの届く演奏! その舞台に私もいたのか!そういえば、聴いてくれた友人や先輩方の「よかったよ!」は、心のこもった本当のことばだった!改めて感謝の想いに満たされます!

1/28(第四土曜)練習♪ in 福島教会

  島よ♪Ⅳ           指揮 市田さん
  Ave Maria♪ ハレルヤ♪    指揮 刈田さん



 パーム♪は今、須賀先生のご指導を大切に、指揮市田さんの元、島よ♪に取り組んでいます(^^♪ 日本語を大切に歌うことを学んだのに、毎回 指揮者にご指摘を受けます。Sop単独の「おーちるーとき♪」や、「はしりー♪」歌いやすい音が目立ってしまう(^^ゞ 「すみれ むらさき うすずみいろ そらはかわり かぜはひそみ よるへかたむく ときのなかで♪」今日の練習帰りの宇治橋からの風景は、まさにこの詩のようで、「ああ!この色合いをこんな風に表現するとはなんて素敵なんだろう!」と。歌は、ハーモニーの美しさもさることながら、詩に心ふるえる時がありますね!

   今日のハレルヤ♪ 「King of kings♪」後ろをより強く! 各パートがメロディーを歌っていつ時そのパートを立てる。等に気をつけて、言葉にメリハリをつけて歌っていたら、最後の「ハレールヤー♪」で、パワー切れ!まさかのmP・・・(*>_<*)

 Bas    刈田・真鍋・柏木・市田
 Ten    杉橋・柏木・篤本
 Alt   柏木・青垣
 Sop    柏木・松阪      (久々の少人数パーム♪でした)(頑張りました(*^^)v
 Piano   佐々木 愛先生   
 

ハーモニーニュース新年号より

 投稿者:76T 橋本 昌次  投稿日:2017年 1月28日(土)18時21分25秒
返信・引用
  私は平均年齢70歳代の枚方混声合唱団ハーモニーというところで、毎週土曜の午後練習しています。今年の10月1日には4年ぶりに演奏会も予定しています。
常任指揮者の今岡典夫先生ご夫妻が50周年定演を聴きに来てくださり、ハーモニーの広報誌に感想を寄稿してくださったので、引用します。
「昨年12月、テナーの橋本さんの所属されていた同志社コールブリューゲルのコンサートに行き、現役・OB・OG
の百数十名ものメンバーによる高田三郎の「水のいのち」全曲を、須賀敬一先生の指揮で演奏を聴きました。須賀先生
の長年の指揮者生活の中でも名演奏の一つに数えられるほどの演奏だったと思います。全曲暗譜で一糸乱れぬアンサン
ブルとハーモニー、幅が広く奥深い表現、どっぷりと「水のいのち」に引き込まれました。ここまで仕上げられたのも
メンバーの方々の曲に対する意欲的な取り組みがあってのものと感じました。」
嬉しいことです。
 

パームフリューゲル♪Note

 投稿者:74 松阪さゆり  投稿日:2017年 1月19日(木)15時26分20秒
返信・引用
  みんなの想いがひとつになり感動と感謝に満ちた 須賀先生の「水のいのち♪」 

  パーム♪のメンバーと共に、須賀先生の熱い想いを全身に感じて歌う事が出来ました! それは、いっぱい歌っていっぱい練習したので、須賀先生の指揮に のめり込めたお陰だと思います。須賀先生そしてフリューゲル♪の皆様、ありがとうございます! 舞台で歌えなかったメンバーも聴きにきて下さって、みんなで「50周年」の喜びを分かち合えたことも嬉しかったです(^o^)


1/14 新年の初練習♪ in福島教会 & 新年会 

     島よ♪          指揮 市田さん
     Ave Verum Corupus♪ ハレルヤ♪ メサイア♪
                  指揮 刈田さん

  練習大好きの私は、この日を「待ち焦がれて」おりました。が、Ave Verum Corupus♪から 始まって、わかりました!「この日を待っていた」のと、「この日に備えていた」のの違いを! Sop.の高音(いつもなら楽な音域)に とっても苦労(*>_<*) 美しいAve Verumが・・・! 安定した美しいSop.を隣りで歌って頂いて、どうにか持ちこたえる事が出来ました(^^ゞ
  市田さんの 島よ♪ は、新年そうそう全曲とおし! 「水のいのち♪に取り組んだ情熱を、次は 島よ♪に繋げよう!」とおっしゃる指揮者の想いに応えるべく、ガタつきながらもピアニストに助けて頂き、大笑いのうちに全曲歌いきりました!「島よ♪っていい曲やなあ!」というお声に、「あれ!今頃ですか?」と言う私も、「ピアノがこんなに美しいメロディーを奏でていたの知らなかった!歌うのに必死でした!」
  刈田さんの ハレルヤ♪ を、4/16イースターの日に、宇治教会で歌うことになりました。早瀬牧師先生のご依頼を受け、聖歌隊結成です。今まで明るく楽しく歌っていたハレルヤ♪が 言葉の強弱、入りの力強さetc.etc.厳しい練習で どのようなハレルヤ♪に仕上がる事でしょう!

 Bass  刈田 真鍋 福井 柏木 中冨 庫本 市田
 Teno   井内 杉橋 篤本
 Alt   白桃 谷川
 Sop.  佐本 寺井 柏木 井内 松阪
 Pian   佐々木 愛先生

 新年会は、福島の人気店「花くじら」のおでん! 5個のおでん鍋を囲みました。わいわい楽しく、追加もいっぱいして、お腹もいっぱい! 今年も パーム♪は 元気いっぱい
(@^^)/~~~
 

1/7 東京フリューゲル練習日記

 投稿者:高濱直子  投稿日:2017年 1月 9日(月)14時20分51秒
返信・引用
  直子です。
(前回の投稿を見たら、東京フリューゲルフリューゲルとなっていましたね。
団名が変わった訳ではありません、失礼致しました)

2017年の歌い初め。
本日は練習、総会、そして長年団長を務めてくれた吉永さんの送別会です。

■2017年1月7日 13:00~17:00

中部すこやか福祉センター 仲町ホール
(新中野駅)

■出席者(敬称略)

S:伊藤・大塚・嶋田・米原 ・福田(桂)
A:東・木野・高濱・竹重(眞)・町田 ・吉永(恩)
T:安藤・釜山・桑島・庄司
B:中村・福田・前田・山本・吉永
C:竹重
P:金子

■練習内容

*小さな部屋で(In a Small Room)
川路明 詞 武満徹 曲

ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Christus factus est

==吉永さんのお気に入りの曲(捧げる曲)==
*旅のかなたへ
*雨
*きみ歌えよ
*小さな空
*Prope est Dominus

■Topics

1. 練習内容

「小さな部屋で」 カイメイ読みから歌詞をつけるところまで。
各パートとも2部に分かれるところがあるのでそれぞれ練習。
また、ベースがメロディの真ん中部分、他声部のリズムが取りにくいので次回の課題。
ブルックナーは、読み替えになる時に最初の音取りが課題。

総会を挟んで最後の1時間程、吉永さんに思い出のある5曲を選んでもらい
全員で歌いました。
そのうち4曲は去年10月の第4回演奏会での曲と水のいのちから「雨」だったので
難なく歌えましたが
武満徹の「小さな空」は4年以上前に歌った曲でしかも難しい曲!
今回初めて歌うメンバーも多く、セレモニーで歌うのにまずカイメイ読みから始めました。
以前歌ったことがあるメンバーは初期化していると思いきや
意外にすんなり歌えたのでは?
難しい曲ですが、すぐに良いハーモニーとなりました。
これから練習を重ねていく「小さな部屋で」と本日久しぶりに歌った「小さな空」
武満徹の素晴らしいハーモニーを味わう事が出来たのでは?
みんなの思い出でもある5曲を思い残す事なく歌えたのかな?

2. 総会

規約に基づき一年に一度の総会が開かれました。
すべての議案について承認されました。
しかし、一部活動計画については3月に臨時総会をもち検討することになりました。
この総会をもって、吉永団長の「卒団」が承認され「団友」となります。
長い間お疲れ様でした。
新団長には副団長であった釜山さんが選ばれました。
総会の詳細については、別便にて。

3. 吉永ご夫妻

総会の最後に吉永さんよりご挨拶があり、お人柄のせいかしんみりしたり涙々ではなく
にこやかに、これからの長い人生を楽しむ為に別の時間も持ちたいと言われて
皆拍手で「卒団」をお祝いしました。
第4回演奏会以来休団されていた恩実さんも2年ぶりにご一緒に来られて
お元気な姿で最初から皆と楽しく歌われました。
残念ながら恩実さんも退団という事ですが
「団友」になられたので、またいつでも気が向いたり時間があったら練習に来てくれることを願っています。

4. 送別会

吉永ご夫妻の送別会が練習後いつもの「もんし」で開かれました。
ほぼ団員全員参加に加え、吉永さんとの繋がりから木山さんと乾さんがお忙しい中はるばる駆けつけてくれ、総勢25名の賑やかな送別会でした。
一人一人の吉永ご夫妻への言葉と感謝状、色紙、花束を贈りました。

5. 今後の練習予定 *次回は3週間後 **2月の変更あり注意

1月28日 パーシモン地下第一練習場
2月11日 ルンビニー
2月18日 すこやか仲町ホール
3月4日 横浜南
3月25日 場所未定 *3月のどちらかに臨時総会予定
4月8日22日 5月13日27日 *いずれも場所未定
通常練習 13:00~17:00
 

12/24 東京フリューゲルフリューゲル練習日記

 投稿者:高濱直子  投稿日:2016年12月26日(月)20時53分20秒
返信・引用
  直子です。

今日はクリスマス・イブ、街の中はキラキラしていて
若いカップルは楽しそうに、家族連れは幸せそうに、街を歩いていました。
12月18日にはDCF50周年記念定期演奏会がありました。
関係者の方々、お疲れ様でした。

■2016年12月24日 13:00~17:00

男女共同参画センター 横浜南
(京急線 南太田駅)

■出席者(敬称略)

S:伊藤・大塚・米原 ・福田(桂)
A:東・高濱・竹重(眞)
T:安藤・釜山・桑島・庄司
B:中村・福田・前田
C:竹重
P:金子

■練習内容

ANTON BRUCKNER MOTETTEN より
* Locus iste
* Os justi
* Christus factus est

*小さな部屋で(In a Small Room)
川路明 詞 武満徹 曲

雲は雲のままに流れ 無伴奏混声合唱小品集 信長貴富作曲より
*逝く夏の歌 (中原中也:詩)

■Topics

1. 練習内容

ブルックナーは3曲練習。
「Locus iste」「Os justi」はカイメイからYaで。
読み換えが複雑な「Christus factus est」はカイメイで通して、まだ不安定ながら全体像をつかむところまで練習。

新曲が出されました。
武満徹の「小さな部屋で」
カイメイ読みから歌詞をつけるところまで。
独特の武満ワールドでリズムに乗るのに一苦労!
最初の音取りとリズムに乗るのは難しかったけれど、やはり歌い込むといい曲だという事は歌っているうちにだんだんわかってきました。
以前歌った事のある「小さな空」でも同じでした。

「逝く夏の歌」は歌詞で最後まで通しました。(細かいところはさておいて)
また、第4回定演で歌った「ぜんぶ」をアカペラ版で歌い、今年の歌い納めとしました。

DCF50周年記念定演にオンステした人や聴衆として参加した人が
なんとなく燃え尽き症候群の感じでもありました。

2. 委員会

新年1月7日に予定されている総会に向けて、午前中に運営・技術委員会がそれぞれ開かれました。

3. CD

指揮者がブルックナーのCDを作ってくれました。
年末年始のお休みに聴いてみましょうね。

4. クリスマス・イブ飲み会

前回の練習後には忘年会を開きましたが、歌い納めが横浜でのクリスマス・イブの練習とあって
いつもの練習後の飲み会なれど
大塚さんが横浜駅近くで初めてのお店を探してくれて、有志で飲み会となりました。
コスパが大変素晴らしく、皆大満足!
その後、二次会のカラオケにも数名が参加し抱腹絶倒な出来事があったようです。

5. 今後の練習予定 **2月の変更あり注意

1月7日 すこやか(総会予定)*吉永団長送別会
1月28日 パーシモン地下第一練習場
2月11日 ルンビニー
2月18日 すこやか仲町ホール
3月4日 横浜南
3月25日 4月8日22日 5月13日27日 *いずれも場所未定
通常練習 13:00~17:00
 

第50回記念定期演奏会ありがとうございました

 投稿者:釜山英一@75T  投稿日:2016年12月19日(月)15時50分27秒
返信・引用
  昨日、DCF第50回記念定期演奏会を無事終えることができました。

会場の長岡京記念文化会館まで足をお運びいただいたみなさま、ありがとうございました。
またOB合同ステージという企画からその運営まで力を尽くしてくれた現役のみなさん、
ほんとうにご苦労さま、ありがとうございました。
そして全国からご参加いただいたOBOGのみなさん、みなさんとともに練習を重ね、
あのステージで「水のいのち」を歌えてほんとうによかったと思っています。
えがたい経験でした。

なによりも須賀先生、ピアノの加藤先生には心から感謝しています。
演奏中、こみあげるものを抑えがたく
ご指導いただいたことをどれほどに表現できたかはわかりませんが
「The Soul of Water」のいくばくかは、客席の方々にお伝えできたのではないか
と思っています。
自身、これまでで最高の「水のいのち」経験でした。

今回をもってDCFのご指導に区切りをつけられる須賀先生。
髙田作品を通じての歌唱技術、また歌唱精神のご指導はもちろん、
いくたびか存続の危ぶまれた時代も、学生たちの支えとなり、
われわれOBを叱咤いただいた須賀先生あればこそ
迎えることができた50周年だと思っています。
ほんとうにありがとうございました。

DCFは今日から新体制での新たな1年が始まっています。
これからも辛いこと、苦しいことがいろいろあるでしょうが
乗り越えて、前に進んでいってほしい。
そして私たちがそうであるように
DCFで学生時代を過ごしたことを誇りに思い、
卒業してはるかな時間がたった今も仲間たちと歌えることを喜びにできるよう
歌い続けてほしいと思っています。
 

レンタル掲示板
/37